Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

寄付で応援

讃岐おもちゃ美術館

理事長ブログ

ひとり親パートナーズさん報告会&子ども安全ネット総会


週末は、朝活で香川県内のいいとこ探しの旅。おもちゃ美術館ができた時香川の子どもたちに香川のすばらしさをあらゆる角度で伝えたいので学びの日々です。今週末は出釈迦寺奥の院のある我拝師山へ。そして石積みアーチダムで有名な観音寺の豊稔池ダムやこどもの神様、年に一度は市がかかって渡れる津島神社や萩で有名な萩原寺等へ…

午前中はやめに香川旅(笑)を終えて、午後からは「ひとり親パートナーズ」さんの報告会や、「子ども安全ネットかがわ」の総会、そして今年から会長を引き受けることになった香川海外派遣女性の会の総会報告や理事会準備など…

いろいろなシーンで頼まれたり相談されたり、お役に立てることがあるのは大変ありがたいこと。
いい勉強をさせていただいているなあ、と思っています

コロナに負けず頑張ってます!


子育てタクシー電話応対コンテスト開催!

先日私が発起人となり15年前にスタートした子育てタクシーが組織され一般社団法人全国子育てタクシー協会が主催した
加盟会社による電話対応コンテストが開催され私も審査員を務めました

妊娠で出産時にタクシーを利用したいそんな不安なママやパパがタクシーを予約するときに対応が悪かったら…残念ですよね。通常一刻も早く配車をしなければ、という

そこで電話対応コンテスト
事前に覆面で協会理事が手分けして妊婦に扮して事前登録のお願い電話を協会員各社にお電話。
その中でも対応のいい会社さんを6社最終選考で。

どの会社の電話対応の方も素晴らしい対応
どんなことを意識しているんですか?と聞いたら
「初めての妊娠に不安なママに寄り添いたい」「少しでも不安を取り除けるよう、そして妊娠を一緒に喜べる気持ちで対応したい」と、それ子育て支援者の声じゃん!というほど素晴らしい!

一刻も早く次の電話と取って一人でも多くお客さんを回して…と考えるのが仕事のポジションだろうけどちゃんと子育てタクシーの時には別の顔で対応いただいていると思うとジーンとしました。

子育てタクシー、全国で頑張っています

出産時、子どもと一緒に、子どもだけ等送迎サービスしていますので是非ご関心のある方はこちらから


FM高松に1時間生出演(離婚前の取り決めについて考えた)


昨夕は、FM高松の1時間生番組に出演
以前から様々なシーンでお世話になっている高松の称讃寺住職瑞田和尚さんの「たまだ和尚のここらでホッと一息つきましよう」という番組。
出演は2度目ですが、相変わらずマシンガントークの和尚とのキャッチボールが楽しかった!



*わははネットの活動内容
*香川県の子育て家庭の現状
*ひとり親支援やひとり親になる前の支援について
*讃岐おもちゃ美術館について
・・・などをお話ししました

離婚前相談体制作りについてお話していたら、終活支援をしている瑞田和尚さんから早くに離婚して30年以上子どもに会っていない人からの終活相談(財産分与など)は複雑なものが多い
離婚するときの取り決めに死んだあとのことを考える人は少ないと思うけど本当はそこまで考えて取り決めできているといいのに・・・と言われて、さすがにそこまで考えていなかったのでとても勉強になりました。


希少なものが香川にはたくさん…


讃岐おもちゃ美術館プロデューサーの砂田さんがどうしても見たい!と要望のあった、男木島灯台へご案内。
私も何とか訪れたことはあるけれど、きれいな灯台だなあと思ったくらいで詳細は知りませんでした


男木島は平たんな場所が少なく細い坂道が大半。高松市なのですが、高松市民でも訪れたことのない人も多いと思います
高松港から船で女木島経由40分ほど。島民約150人中90人以上が高齢者の島です。
しかし昨今は移住者も少しずつ増えまた瀬戸内国際芸術祭などでも注目されています

男木島灯台は日本に3基しかない石造りの灯台。そして石の最高峰庵治石でできています
また無塗装の灯台は日本に2基しかないそうでそのうちの一つ。
映画「喜びも悲しみも行く歳月」の舞台としても有名な男木島

この季節は実のなる木が青々と元気に風にそよぎ心地よい空気が流れていました

この瀬戸内海の空気感なども讃岐おもちゃ美術館で再現できるといいなあと思います


高松大学にて講義


今日は高松大学の総合の授業にて講義
受講生は大学4年生約150人。息子と同年代の学生に話をするとおのずと熱が入ってしまいます。
今日はさぬきおもちゃ美術館の話も交えながら子育ての事、社会起業のことなどイロイロ織り交ぜて話をしました
皆さん熱心に聞いてくれたので熱くなりすぎたかな(笑)