Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

わははブログ

サロンdeわはは№20【こどもの生活の現場】開催報告


昨夜は20回目となる「サロンdeわはは」
サロンdeわははは2019年4月にスタートしたわははネット主催の少人数でサロン的に子育てや女性の課題・問題にかかわる様々なテーマをトークゲストをお呼びし様々な業種業態の方々とフランクにディスカッションしながらそれぞれの立場で出来ることを考え行動し社会を変えていくことにつなげたいという思いで実施している「わははネットの夜の部の活動(笑)」です

今回のトークゲストは香川短大の辰巳裕子先生


辰巳先生は保育・社会福祉士の資格をお持ちで救護施設施設で働かれた経験もある「現場大好き」な研究者の先生。そしてダンスの先生でもあり女性としてもとても憧れる人。

今回は辰巳先生が大学のある宇多津町(香川県で唯一少子化ではない自治体)で独自調査を行った「宇多津町で暮らす子育て世帯のニーズと地域支援の在り方」の調査報告を兼ねてそこから見えてきた分析結果などを中心にお話いただきました。


昨夜の参加者は13名
スクールソーシャルワーカーさんや社会福祉協議会でこども食堂を担当されている方、ファミサポの方、児童養護施設で働かれていた方や、これから施設を立ち上げる方、ひとり親家庭支援をされている方、子育て相談業務をしている人、某固い役所で外国にルーツを持つ方の通訳などでも支援をされている方など実に様々な背景を持つ参加者の皆さん。

先生のゲストトークはもちろん、それをフックにして皆さんとのディスカッションもまた学びが多かったです。

サロンの次回以降の開催はコロナの終息を待って企画したいと思いますのでしばらくお休みになりそうです。
またお知らせはわははネットSNS等でおこないますのでウオッチしてくださいね♪


サロンdeわはは№19【発達障がいなどについて学ぶ】


サロンdeわはは№19は、子育て情報誌おやこDEわははでも子どもの発達についてコラムを寄稿くださっている高松市にある、むらかわクリニック村川先生を招いての「発達あれこれ」をテーマに開催しました


村川先生は屋島総合病院で小児科医をされていた時から
発達障がい等を含めた子どもの発達の問題、また保護者や家庭が抱える問題などが気になり、発達障がい児へのアプローチを専門に学び、4年前に独立開業されました

先生からは
学校(通常学級)での担任他先生方から子どもへの接し方についての課題や
薬の効果について
また発達に問題を抱える家族におこるカサンドラ症候群について等のお話がありました


サロンdeわははらしく、昨夜の参加者も多種多様
春から児童デイを事業者として始める方、民間教育現場を統括される方、行政の方、元児童相談所の方、児童デイにて働いている方、子育て支援現場の方、放課後児童クラブ運営されている方など11名の方がご参加くださいました。


この機会を逃してしまった!という方は2月23日にも先生の講演会がありますのでこちらへ!
何やらこちらはプレゼントまであるようで‥(笑)


先生からは発達障がい児を抱える保護者の支援、そして発達障がいを抱えた方の就労支援までは行政支援としてサポートがあるが就労後の支援が手薄(ほとんどない)ことなどの課題もお話されていました。
なるほど。確かにそうですね
働き始めてからの悩みや生きづらさをどこに相談すればいいのか、どんなサポートが必要なのか。

2012年の文科省調査では通常学級の6.5%が発達障がい、高松市の2019年調査では8%以上にその疑いがあるそうです。
ということはかなりの割合ですからサポートをしっかりしていかないと人口減少の時代、発達の凸凹を逆に活かして伸ばして活躍できるステージを創り出す必要がありますね

そういう意味では発達障がいは本人の問題だけでなく取り巻く私たちの問題でもあります


さて一通りのお話を伺った後は会場を隣のお店に移して懇親会
ここでは参加者お一人お一人から感想や質問を受けつつ、賑やかに歓談。
ディープな話をしながらも固いテーマではありましたが笑いの多い懇親になりました。
発達に悩まれる若い保護者に向けてYouTubeチャンネル作ろうか!なんて話題も!!!
実現できないかなあww


参加者それぞれが自分の持ち場で出来ること、トライしてみることも大事です
誰一人取り残すことなく居場所があり、生きづらさを感じない社会づくりに向けて。

次回サロンdeわははは香川短期大学辰巳裕子先生を招いて子どもの貧困問題等も含めてのお話をしていただきます
詳細はこちらから
https://www.facebook.com/events/176381907017614/


報告:サロンdeわはは№18【少女の自己肯定感up】


昨夜はサロンdeわはは№18 少女の自己肯定感を育むためのプロジェクト:ガールスカウトさんとダヴさんが共同開発したFree Being Me~大好きなわたし~のプログラムをガールスカウトさんのご協力で開催しました。


画像をクリックするとプログラムページにとびます

日本の子どもは自己肯定感が低いと言われていて、特に少女は自分の容姿(肌の色や身長、体系、顔立ち、髪質、癖や外見)等に自信がない、と答える子が圧倒的に多い。
今回のプログラムには様々な立場の女性16人が集まってくれました


映像を見たり講義を聞いたりの他にもみんなでワイワイワークショップも楽しい!
「自分の好きなところは?」と質問された時より「嫌いなところは?」と聞かれた方が答えるまでにかかる時間が短い、ということも体感。
そして母親が自分の嫌いなところは子どももその部位に自信がない、というネガティブな連鎖も起きていることにも気づきました。


でも実際「完璧な用紙の女性」の容姿を書き出せるだけ書き出してみたら・・・
*9頭身*身長が高い*肌がきれい*目鼻立ちがくっきり*色が白い*メリハリあるボディ*髪がサラサラ*シミしわがない*まつげが長い*爪が整っている*細い*足が長い*お尻が小さく上向き・・・・出てくる出てくる
でもすべてそろっている「完璧な女性」が実際存在するか・・・なんてありえない!ということも、雑誌や看板のモデル写真がどれくらい加工されているかも映像で見ながら実感!そりゃそうだ!


しかしスマホで盛れるアプリ?!を使って本当の自分なのか加工後の自分なのか分からない感じにもなっていますが、でも「あなたはあなたのままがいい」私はあなたそのものが好きよ。というメッセージを送り続けることで自分の内面に自信を持って自分以外の人から何を言われてもブレずに生きて欲しい、そうすることが自己実現への大きな第一歩なのだから。というメッセージを受け止めました。

人目に左右されて自信を無くし自分のやりたいことを諦めないといけない人生なんてナンセンス!


サロンdeわはは№16開催報告【母子生活自立支援ホームに学ぶ】


12月6日師走の忙しい中、屋島ファミリーホーム(高松市母子生活支援ホーム)を指定管理で運営している野町先生から、サロントークをしていただき参加者の皆さんとそれぞれの立場でデスカッションしました


ご参加いただいたのは高松市の子育て支援コーディネイターの仕事をしている人・ひとり親支援をしている「ぼしふしの会」さんや産後うつ支援をしている方など。
知ってるようで知らない母子生活支援施設の現状や、養育支援計画のことなどフランクにディスカッションすることが出来ました


今回この会を開催するきっかけとなった野町先生は私が活動を始めた20年前からマリア様のような方!と敬愛している先生です。
子育て支援の現場で子どもや保護者と常に真摯に向き合っている先生が、とあることで「これはおかしい!ねえ!どう思う?」と珍しく興奮して連絡をいただたいたこと。
普段本当に温厚で穏やかな先生が、現場のことをきちんと伝えられる場がないことに怒りを感じるほど熱くなられている姿を見て本当に現場を見てそして社会を変えていく必要性を感じ、声に出してきた人の芯の強さと凄みを感じました
先生の日々向き合っている現場をさらに知りたくて今回トークゲストに来てもらいましたが知らないこともたくさんあって本当に勉強になりました

今年のサロンdeわははは今回で〆。

年始からは、わははネット事務所にてサロンdeわははを開催予定です。
またご案内しますね♪


【開催報告】サロンdeわはは№14:ボードゲームの社会的有用性


昨夜のサロンdeわははは、ボードゲームについて末原さんをトークゲストに開催。

ボードゲームを理論的に分類し奥深さについて講義でもなるほどなるほど!の満載!
例えば将棋や囲碁のようなゲームはなかなか大人に勝つことは難しいけど
すごろくのような運の要素が大きいゲームは大人も子どもも競い合えるし
カルタのような俊敏さを問われるゲームもあれば
神経衰弱のように記憶力を試されるゲームも。


とにかく相手がいないとできないのでコミュニケーションは必然的に取れるし、ゲーム性があるので熱くなる!とにかく楽しい!

そして勝ち負けがあることで、「負けることへの耐性」ができる、という話はなかなか奥が深い!


実際にボードゲームをいくつか試してみたらもう大人も夢中!
一つのゲームでもいろいろな遊び方ができることも分かって楽しさ倍増!


短い時間で手軽に場所を取らずできる物も結構あるので、会社でも昼休みとかに社内でチーム分けしてボードゲームとかしたら社内コミュニケーションも円滑になるのでは?と思ったり、ネット依存が問題視される中、電池のいらない、そしてリアルコミュニケーションを取らないとできないボードゲームはこれから見直された熱くなるじゃないかな、と思いました。