Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

寄付で応援

おもちゃ美術館準備室

理事長ブログ

おもちゃ学芸員さん大活躍!


3月4~6日と3日間、木育キャラバンを開催。
第1~3期のおもちゃ学芸員さんが3日間でのべ25人もお手伝いに来てくれましたよ!
讃岐おもちゃ美術館ができるまでは仮のオレンジエプロン(本番は赤)で皆さんとってもいい笑顔で子どもたちと遊んでくれました!


木のおもちゃが好き!子どもが大好きな学芸員さんは、何よりご自身が楽しんでいる!
子どもの動きをずーっと優しく見守りつつ、ママやパパとも談笑しながら、ほんと素敵な時間が流れます

早く讃岐おもちゃ美術館ができないかなあ~って、みんなに言われると頑張らなくっちゃ!って思わずにいられないー!
おもちゃ学芸員のみなさまありがとうございました!

第4期のおもちゃ学芸員養成講座は来月開催!詳細はこちらから
https://npo-wahaha.net/news/entry-7694.html


讃岐おもちゃ美術館でやりたいワークショップ


今日は香川県立ミュージアムにてボランティアさん主催の奉公さんを作るワークショップに参加。

奉公さんは香川の郷土民芸玩具で張り子で作られています。
モデルは「おまきさん」
***昔高松藩生駒のお殿様のお姫さまのに仕えていたおマキという女の子が重い病気にかかった姫さまの身代わりに、お姫さまの病を身に移しうけお姫さまが全快されるようにひたすら祈願をこめて、海のかなたの離れ島に流し人となり、短い一生をおえました。***というお話から来ています。


ワークショップでは5人グループで互いに教え合いっこしながら、まずは粘土で土台を作り、その上に和紙を張り、乾いたら背中を割いて粘土からはがして、ロウを塗り、その上に色を重ねていきます。
手間暇かかる工程ですが、おマキさんをイメージしながら作ることができました。
手を動かしている間は口も動く(笑)なので初めてあった人ともとても親しくなり、楽しい時間でした

讃岐おもちゃ美術館ができたら、こうしたワークショップも定期的に開催したいなあ