Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

わははブログ

こんな時だからこそのいいこと発見


コロナで外出自粛でstayhome中に自宅で過ごす時間が増えたから
ひまわりの種を植えてみた。

双葉が出たとき、なんだかワクワクしてきて(これまでもひまわりやコスモスの種をまいて育てたけど
毎日しゃがんで観察まではしてなかった)葉が一枚出るごとにニンマリと観察を続けてきました

こんな時コロナで自宅時間ができたからこそ、だね。とちょっとポジティブ

そして今日は雨

なんだ雨かよ!と思ったけれど、ひまわりはもうすぐ花を開かせそうで黄色い部分がのぞいてる。
雨が降ってひまわりは嬉しそう
雨のおかげだね、とちょっとポジティブ

こんな時に・・・と腐るばかりじゃなくて、こんな時だからこそ・・・とイイコト探ししたいですね!

早くひまわり開かないかあ~( *´艸`)


子ども達も不安でたまらないだろう


今日は月に一度、レギュラーで担当させていただいているケーブルテレビ「イクコミ」の収録。
いつも定休日の高松こども未来館(ミライエ)で収録しています。

コロナで、遊具がグンと減り、いつもよりがらんとしたミライエ3Fのキッズフロア。

最も消毒が難しいであろう、ボールプールはご覧の通り
木のボールはすべて撤収され、無数の木の玉で遊べていたプールはバランスボールが入っていました。


そして収録後、別の取材で、今度はさぬきこどもの国へ。
こちらもコロナでお客さん激減。せっかく春に新しい遊具がいくつか入ったのに・・・とスタッフの方も寂しそう。

そして同じくさぬきこどもの国でも人気の木の玉プールはご覧の通り・・・

ビニールシートで覆われ遊べないようになっていました。

大人は事情が理解できます
コロナで遊具を触って感染してはいけない
木のボールは消毒が難しいし数がとても多いのでとてもじゃないけどこの時期に子どもを遊ばせるにはふさわしくない。
なので、触れないように撤去しておきましょう。

・・・・ということが頭で理解できます

しかし子どもはどうだろう?

いつも楽しく遊べるワクワクしていたあの木のボールプールで遊べない。
「いつもと違う」

ママもパパも仕方ないっていう。

そんな理解できないことが他にもたくさん多すぎてきっと子どもの心は不安でいっぱいなのだと思います
自分の気持ちをうまく表現できないし、起きていることを理解できないからこそ、子どものこの不安な気持ちやストレスを上手に大人が理解して寄り添い丁寧に説明してできる限り不安にならないように包み込まないと行けませんよね。

大人の私でも、やっぱりボールプールで遊べないのは寂しくて不安になるもの。

早くコロナが明けて元気に遊びたいものです


身長4倍、体重30倍⁈


今日は息子の21歳の誕生日。
この写真は出産直後の体重を諮っているところ(笑)
息子は自宅出産だっため(自宅のお風呂で水中出産)、助産師さんが二人自宅に来てくれて出産介助、そして体重を諮っている時の写真がコレ。
分銅付けて図るなんてレトロで面白いwww

さて、3000gちょっとで生まれた息子。乳離れがなかなかできず保育園の慣らし保育が3か月もかかったという(笑)息子。学童保育は数日で「行きたくない!」と駄々をこね、小学生では何度か学校から連絡をもらい頭を下げに行った日も(泣)思春期で壁に穴をあけたこともあるし、まあ三番目の子(上にお姉ちゃん2人なので末っ子長男ってやつですが)ではありますがはじめての男の子で何かと子育ても分からないこと、悩むこともありました。

。。。が、大学3年の現在。
まだまだ進路やなんやかやで悩むこともありますが、(そしてまだまだお金もかかりそうですが)21年たって体も大きくなり身長は約4倍、体重は30倍に!?
ひゃ~~~!すごい成長だねえ。

子育てひろばでは毎日、子どもの生活に一喜一憂。寝ない食べない泣き止まない・・・
ママも初めて尽くしだもんね、戸惑ったり悩んだりして当たり前。私もかなり悩ましい母だった・・・(汗)

今ではすっかり見上げるほどになりましたが、子どもにたくさんのことを教えてもらいました。
本当に感謝感謝です。


毎週金曜はラジオDEわはは:インスタもフォローしてね♪


ご存知毎週金曜14:30~FM香川786MHzにて、生放送やってます
落語家桂こけ枝師匠と、筒井智子さんとわははネットでお届けしていますが、コロナになってマスクしてラジオで喋るともごもごするし、ってことでしっかりアクリル板が設置されています。


今日の生放送は、スタジオにスタッフかおりんも一緒に来て動画撮影

なぜならば・・・わははネットのインスタ、最近動画でも伝えられるようにと色々試行錯誤中

今日のオンエア中の様子も動画撮影&帰ってすぐ編集してInstagramにアップ!!

是非わははネットのInstagramのフォローお願いします!今日の様子も動画で見られますううう♪

最近の若いもんについていけるよう、日々進化せねば、とトライトライトライ!(笑)


古(いにしえ)の音色:サヌカイトの里へ


サヌカイトをご存知ですか?
※Wikipediaより
讃岐岩(さぬきがん、sanukite、サヌカイト)は、名称のもとである香川県坂出市国分台周辺や大阪府と奈良県の境にある二上山周辺で採取される非常に緻密な古銅輝石安山岩。固いもので叩くと高く澄んだ音がするので、カンカン石とも呼ばれる。

サヌカイトという名称は、明治政府に招かれ、日本各地の地質を調査したドイツ人地質学者ハインリッヒ・エドムント・ナウマンが、讃岐岩を本国に持ち帰り、知人のバインシェンクが研究して命名した。


今日は坂出市にある金山(かなやま)、「けいの里」にお邪魔してきました。

この回りにあるサヌカイトの9割は、縄文人の手が入ったもの。
・・・というではありませんか!

縄文時代、ナイフを作るのは最も固くて切れ味鋭いこのサヌカイトを割って加工して使っていたとか。
しかし日本でもこの讃岐のサヌカイトが最も良質で、しかしたくさんあるので、加工途中でうまくいかなかったものを縄文人がポイと置いてある石が周りにごろごろ・・・・・?!
この石もあの石もそこいらじゅうが「縄文人が触れた石」


けいの里を管理している前田さんは、この硬くて、何とも言えない素敵な音色を出す石を色々な加工をされています。

指で触れた他だけでも不思議な周波数を発するのか、本当に体の奥に響く音がします。

目を閉じ、身体で音を感じたくなる。心地の良い眠くなるような癒される音です

これが古(古)の人たちも聞いていた音なのか、、、と思うとさらに染みます


しかし私も自分の地元でありながら、サヌカイトの歴史や言われ、そしてこれほど身近で「縄文文化」と触れ合えるなんて思いもしませんでした

全国的にも他にない石があるのに知らないってもったいない!ですよね。

わははネットとしては香川の誇りや文化を子どもたちに伝えたいと思っていますので、今後こうした香川の伝統や文化、歴史や特徴ある地形など様々なことに触れて発信したいなあと思っています。

もっとサヌカイト勉強しなくちゃ~!