Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

寄付で応援

讃岐おもちゃ美術館

理事長ブログ

まぼろしの直島講演…(´;ω;`)


3月2日に予定されていた直島町での講演会。
まんぼう延期により中止との連絡が今日届きました。
致し方ないですね。

直島でお話する機会をいただくのが初めてだったのでちょっと楽しみにしていたので残念ですがこれは島民皆さんの健康一番!
また次の機会に…

昨日は香川県も感染者数が最大値更新。
今朝は早くに目が覚めて(…今朝というか夜3時過ぎに目が覚めて眠れなくなってしまい…)真っ暗な中出勤しましたが近所の駐車場(市立病院で働いている人がとめている)に車がたくさんありました
医療従事者の皆さんは24時間で緊張の中お仕事されている方と思うと本当に頭が下がります。


お客様の多い日


今日は終日来客が多かった。というか途切れなく18時まで来客対応であった(笑)

まずは、元わははひろば利用者、わははネットボランティアスタッフなどをしてくれていた「かしまし娘」的な((笑)今や姦娘(かしましむすめ)を知らない世代が圧倒的だろうな)女子3人が事務所で同窓会的にワチャワチャ

子育てひろばでヨチヨチしていたあの子もこの子ももう受験とか学習塾どうするとか・・・成長するもんだ(笑)

ホント、こんな風に集まってきてくれるのがうれしい。新しい事務所をキョロキョロしながら互いにLINE交換したり…

綾川町のヒーロー大野さんが中小企業家同友会で次回の講話の打ち合わせを兼ねて引っ越し祝いを届けてくれました。
また坂出倫理法人会6代目会長篠原さんが文集を出されたということで献本にお立ち寄りいただきました。



新しい事務所は丸亀町商店街に面している上に全面ガラス張りなので、外から中がよく見える!
そして目立つ(笑)

まだ引っ越して日が浅いため揃っていないものが多くてお茶を出すこともままならないのですが
今日大野さんが観葉植物を持ってきていただいたらちょっとオフィスらしくなりました
観葉植物いい‼ガラスで丸見えなのがちょっと目隠しになる~

皆様遊びに来るときは手ぶらでどうぞ、、、といいながら何かグリーンがあると私大喜びします(笑)


香川県私立幼稚園PTA連合会振興大会で講演しました


昨日は香川県私立幼稚園PTA連合会振興大会にて記念講演「子どもたちのためにできること」と題して90分お話させていただく機会をいただきました


県内の私立幼稚園の保護者、PTAの皆さんがオンラインにて視聴。
本当はミューズホールで対面の予定がこのコロナにより急遽オンラインになりましたが、私はミューズホールにて限られた関係者の皆さんに囲まれての講演です
会場では中橋さんのイメージで…とかわいいお花をテーブルに活けてくれていました。
こんな配慮がうれしいですね

私がわははネットを立ち上げ、子育て情報誌を創刊したときはまさに娘たちは幼稚園生。
なんだかそのころのことを思い出しながら(忙しすぎてあまり記憶がないけど(笑))当時のエピソードも交えつつ現在のおもちゃ美術館にかける想いなども語らせていただきました。
対面じゃないので反応が分かりませんが…(;'∀')


なぜ「アート」が必要なの?


昨日はNPO法人アーキペラゴさんへ。

アーキペラゴさんには30名を超える「芸術士」さんたちが登録し、高松市など自治体が積極的に保育園等に芸術士を派遣する事業をサポートされています。

パンフレットを見ると
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『なぜアートが必要なの?』
子どもたちにとって「アート」は何も特別なことではなく、ことばや遊びの延長として自然に取り入れられます。その中で子どもたちは固定概念や先入観にとらわれないユニークな思考や様々な表現を見つけます、あたアートを通じて他者の異なる価値感と出会うこともあるでしょう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

素敵だな、と思います。ほんとその通りです。

讃岐おもちゃ美術館も東京おもちゃ美術館の初代館長が「人間が最初にであうアートはおもちゃだ!」と表現したことから「美術館」という名前がついたと聞きました。
あそび:おもちゃ…子どもにとって必要不可欠なものをつなぐ専門家のひとつが「芸術士」さんなのかもしれません
そしておもちゃ美術館では「おもちゃ学芸員」さんなのでしょう


これから高松でおもちゃ美術館を運営する中で是非芸術士の皆さんともコラボできたらいいなあ、と思いながらお話を伺わせていただきました。


ポストコロナを見据えた子育て支援の未来


今日は高松市民大学に登壇

昨日香川県ビジネスパブリックコンペで受賞した時の人河田先生もご一緒に登壇(笑)
タイムリーにお話伺えて実に面白かったです(控室での会話が(笑))


大西市長から高松市の子育て支援の取り組みを
そしてひまわり有澤さん、私、河田先生とそれぞれの立場から現在の取り組み、そして課題、そして未来に向けての話ができました
高松大学佃学長の幅広い方向からの話題の引き出しに甘え自由に発言させていただき有意義な時間になりました