Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

わははブログ

木育キャラバンin丸亀町レッツ開催報告:大盛況!


今回初めて屋内(丸亀町レッツホール)にて開催した木育キャラバン。
これまで高松丸亀町三町ドーム下や、グリーンけやき広場などアーケードの下のお客さんが流れるオープンスペースでの開催なので自ずと目立つし吸い込まれるように親子が遊びに来てくれたけど、今回はエレベーターで4Fに上がらないと分からない、という会場設定。
チラシも幼保小学校などにも積極的配布もしておらず…

あんまり人が来ないかも~
下で呼び込みしないとなあ~とかとか
不安の大きい開催でしたが~~

ふたを開けるとオープン前から「楽しみにしてました!」と親子連れが遊びに来てくれて
一日で焼く350組の親子が遊びに来てくれましたよ~~!すごい!

みんな笑顔で特にパパがハマり気味に遊んでくれているのがほほえましい!
こんなに木のおもちゃって人気なんだなあ~とうれしくてうれしくて。

次回は2月16日こども食堂も同時開催です!



事務局長は猛獣使い⁈@ひろば全協理事会にてwww


今日はNPO法人子育てひろば全国連絡協議会の理事会。
理事会や研修会等で年に8回~10回は顔を合わせる理事仲間。北海道から熊本まで10名。
それぞれ自団体を抱えながら全国の子育て支援拠点のサポートに回る猛者たちです。
そしてこの猛者(私含む(笑))を、理路整然と次から次へと調査研究事業、セミナー、講義、ライティング、企画・・・などなど次から次へと(-_-)/~~~ピシー!ピシー!と用件を伝えスケジュール管理し指示通りに影で動かしているのが事務局長Kさん(笑)

周りの人たちから「猛獣使い」と呼ばれているようです・・・ん?ってことは理事は猛獣?!あ、私もかっ!!!www


三豊市の孫育て応援事情:やるなあ~!


今日は西讃方面で走り回りました~
午前は観音寺総合高校にて「たまご育て:ライフデザイン」の授業
高校3年生のクラスはほぼ進路も決まった卒業目前の生徒さん達。
でも目先の進学先は決まっていても将来のビジョンとなると見えていないことが多いもの。
立ち止まってライフデザインのワークなどをすることで多くのことを気づいてくれたようです


そして午後からはみとよ未来館にて、今度はシニアの方を対象にした「他孫育て講座」
三豊市役所の方も来られていて
「中橋さん!できたばっかりのステッカー。どうぞ」といただいたのがこれ!
「まごIN Car」
注意書きにしっかりと安全運転やチャイルドシート設置など書かれていて意識啓発につながります
香川県でもトップバッターで孫育て応援をしている三豊市。目が離せません!


登壇報告:男女共同参画の視点に立って…(パネリスト)


今日は(一社)香川県婦人団体連絡協議会さん主催の「男女共同参画の視点に立って:心をよせあい元気な地域社会を目指して」と題したフォーラムのパネルディスカッションに登壇してきました


前半はさわやか福祉財団会長の堀田力さんのご講演
ご自身の経験も交えながら9割以上女性で席が埋まった(婦人会の会員さんが大半でしたので)会場に向けて男性の育て方?!(笑いを交えながら上手におだてて育ててほしいって)を含め地域活動への参画の意義やこれからのコミュニティについて語られました


後半のパネルディスカッションは高松大学の佃学長をコーディネイターに婦人団体連絡協議会の野田法子会長、香川経済同友会特別幹事の竹内麗子さん、そして私、、、、という世代が少しずつ違う3人の女性で登壇。
★多様性を認め合う男女共同参画社会について
★地域社会を作り上げていく上で重要な自助・共助・公助について
★共助の力に夜元気な地域社会を構築するためにどう取り組むか
という3点についてそれぞれの立場から意見をお伝えしました


サンポート小ホールが満員になるほどの集客で婦人団体さんのネットワークと集客力に驚くとともに、しかしながら組織率が悪くなっている婦人団体さんの今後を担うべく私たち世代に宿題をいただいたような気がします。


子どものやる気を引き出すテクニシャン


今日はわははネットのHPも制作いただいている㈱ゴーフィールドさんが、屋島の観光サイト作成に当たり、子どもたちが何度も訪れたくなるコンテンツを探していて、それならば「季節ごとに変化する屋島の生き物たち」のコンテンツにしては?知り合いの敬愛している虫博士がいるから紹介するよ!ということで、私の代々大好きな虫博士松本先生をご紹介!
そして私も一緒に屋島北陵の散策に同行しました!


とにかく虫博士の話は面白い!
子どもたちの「なぜ」「なに」にすべて期待以上の正確な情報とストーリー、ワクワクする背景なども交えて身振り手振り、声の抑揚も変えて説明してくれるものだから、虫が得意でなかった子どもたちもいつの間にか虫博士の足元に絡まるように一言一句逃さず聞こうと傍から離れない。

おっと!歩き始めてすぐに大きなオオスズメバチ!
プロ仕様の虫網でサッとつかまえプロ用?の容器にサッと生きたまま捕獲して子どもたちと観察。
もう子どもたちは一気に虫の世界へ


次には香川にしか生息していないヤモリを探す
たまご発見!

・・・・・虫探検スタート時は、「爬虫類絶対む~り~」と言っていた女子、いや保護者のママ達までもがいつのまにか「たまごちゃん、かわいい~ね~」という先生の声につられヤモリの巣窟に顔を近づけ手を伸ばし…
その先にいたヤモリちゃんもしっかとナデナデ・・・・

す、す、すごい!

子どもたちの探求心はとどまることを知らず、先に先にこれはなぜ?これはどうして?ここはどこ?何を食べるの?どうやって冬を越すの?仲間は?・・・・質問が止まりません

好きになるとこんなに目がキラキラして前のめりで放っておいてもいつまでも探求していそう。

本当の学びってこういうことなんだなあ~というのを実感。

子どもたちのやる気を引き出せる大人の関わりを学びました。うん!すごい

この続きはゴーフィールドさんが作ったサイトがアップになってからご紹介しますね


わははネットでは企業様が子育て家庭や子どもに向けた何かコンテンツや商品開発等の際にご相談に乗ります。様々なネットワークから適切な方をご紹介したり子どもたちのニーズ調査などもお手伝いできます
気軽にご相談ください。