Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

わははブログ

新鮮な「切れ目ない支援」(笑):子育てタクシー協会理事会にて


今日は横浜の東宝タクシー会議室にて子育てタクシー協会理事会。
わははネットが17年前に提案してスタートしたまさに香川発の事業です。

理事は沖縄のタクシー会社社長から仙台の社長まで全国に渡り
タクシー会社社長と、子育てNPOとで構成されています。
私もタクシー業界事情にすっかり詳しくなってしまいました(笑)

少子化の今各省庁も少子化対策・子育て支援に取り組まねばならず
タクシー業界にも国交省から子育て支援メニューを、という指導もあり
全国で「陣痛タクシー」なる妊婦送迎に特化したサービスは少しずつ広がってきています

今日の理事会でも陣痛タクシーと子育てタクシーを混同されるが違いをどう説明したらいいか、という
話になって妊婦送迎は「オトナだけ」なので比較的これまでのタクシー事業の範囲内でできるが
子どもだけ送迎もする子育てタクシーはそれなりのスキルが必要でそのための研修も
充実していて「妊娠期から子どもまで切れ目ない支援」をしているところが違うでしょ!って
説明したらいいんだ会長(タクシー会社社長)「切れ目ない支援!素晴らしい言葉!」って感動してくれました(笑)

子育て支援業界では今や当たり前に「妊娠4~出産~子育ての切れ目ない支援」という
キーワードも業界が違えば新鮮に聞こえるのね

しかし子育てタクシーに取り組んでいるタクシー会社の社長さんは本当に本気です

小手先、看板だけの子育て支援ではなく本気の支援を考えてくれています
頭が下がりますね

子育てタクシーについてはこちらから↓
https://kosodate-taxi.com/


【ひとり親家庭サポートネット】をご存知ですか

クリックするとサイトが開きます


今日、息子(大学2年)の学費を振り込んできました。
あ、部費も別に請求書が来たのでそれも…。
今朝の新聞は幼児教育無償化の法案が通ったってことでしたが、まあ大学になると額の桁が違います。

さてわははネットでは、高松市から委託を受け、ひとり親家庭サポート事業を行っています
主にサイトの運営(必要な情報提供)やひとり親家庭サポートブックの製作ですが、サイトにはメール相談も受け付けており、必要な相談を市役所を通じて回答しています。(回答は市の専門相談員さんです)

年度末からこの時期にかけては、やはりお子さんの就学、就園等にかかる費用負担等でのお悩みが増えます。

共働きでも大変なのにひとりで子育てしながら、子育てにかかるお金を工面するのは本当に大変だと思います。

抱え込まず必要な支援が受けられるよう相談してほしいですね。
窓口でも、電話相談も、そしてメール相談もあります。
またご家族や、お友達、子育てひろばやコーディネイターなど相談したり頼れるところは積極的に頼ってくださいね。