Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

わははブログ

母校の大学案内に掲載になりました

デジタル冊子は画像クリック


母校四国学院大学の大学案内2020に、卒業生の声として私が掲載されました~(赤面)

ちなみに隣のページに載っているのも同級生(笑)

デジタル案内はこちらです。

四国学院大学いい大学ですよ♪


KIDS Friendly Club 始動!(本日は司会!(笑))

画像をクリックでサイトへジャンプ


本日はわははネットもファウンダー(発起人)である
キッズフレンドリークラブのキックオフフォーラムでした。

地方(香川県)から企業が変わっていく、子育てに優しい会社がたくさんの街のロールモデルになりたい。
ドライな働き方改革だけではなく従業員と家族が、経営者も、そして地域も笑顔になるために
大企業1社ではできないことを中小企業が集合体になることで
ワクワクすることが生まれるんじゃないか。
そんな想いで立ち上げました
これからどんどん面白いことを仕掛けてきたいと思います
今日ご参加の企業さんと一緒に宣言をしてパシャリ♪


皆さん熱心で積極的で楽しい発言もたくさん飛び出して
これからが楽しみです!


新鮮な「切れ目ない支援」(笑):子育てタクシー協会理事会にて


今日は横浜の東宝タクシー会議室にて子育てタクシー協会理事会。
わははネットが17年前に提案してスタートしたまさに香川発の事業です。

理事は沖縄のタクシー会社社長から仙台の社長まで全国に渡り
タクシー会社社長と、子育てNPOとで構成されています。
私もタクシー業界事情にすっかり詳しくなってしまいました(笑)

少子化の今各省庁も少子化対策・子育て支援に取り組まねばならず
タクシー業界にも国交省から子育て支援メニューを、という指導もあり
全国で「陣痛タクシー」なる妊婦送迎に特化したサービスは少しずつ広がってきています

今日の理事会でも陣痛タクシーと子育てタクシーを混同されるが違いをどう説明したらいいか、という
話になって妊婦送迎は「オトナだけ」なので比較的これまでのタクシー事業の範囲内でできるが
子どもだけ送迎もする子育てタクシーはそれなりのスキルが必要でそのための研修も
充実していて「妊娠期から子どもまで切れ目ない支援」をしているところが違うでしょ!って
説明したらいいんだ会長(タクシー会社社長)「切れ目ない支援!素晴らしい言葉!」って感動してくれました(笑)

子育て支援業界では今や当たり前に「妊娠4~出産~子育ての切れ目ない支援」という
キーワードも業界が違えば新鮮に聞こえるのね

しかし子育てタクシーに取り組んでいるタクシー会社の社長さんは本当に本気です

小手先、看板だけの子育て支援ではなく本気の支援を考えてくれています
頭が下がりますね

子育てタクシーについてはこちらから↓
https://kosodate-taxi.com/


プレママパパ応援!NPO法人子育てひろば全国連絡協議会理事会にて


昨日は終日横浜でNPO法人子育てひろば連絡協議会の理事会でした。
今年度、プレママ・プレパパ応援事業として、妊娠期からの子育てひろばの利用促進を図る取り組みをしていきます
昨日は子育てひろばや拠点などでのプレママ・プレパパ応援をどのようにとらえすすめていくか、のプログラム開発を理事で協議しました。

妊娠期から子育てひろばを利用することで地域とのつながりが出来たり、子育てのイメージがつかめたり、先輩ママに相談したり、仕事と育児の両立するためのヒントを得たり、、、いろんな可能性があります。
早くからの利用促進で安心して出産から子育てにつなげていければと思っています。

ひろば全協のプレママプレパパ応援プロジェクトについてはこちらをご覧ください

皆さんの周りにも初めての妊娠で戸惑っている方がいたら近くの子育てひろばを是非紹介してあげてくださいね!


サロンdeわはは:はじめました♥


高松のまちなかにあるTALK SALON ONDO を、わははネットで月2~3回不定期でお借りして異業種の皆さんと”こども”や”かぞく”に関するキーワードに触れるテーマを毎回設定し、軽く飲み食いしながらサロン形式でディスカッションする「オトナの社交場」を設けることにしました。


初回の参加者はJICAの人、旅行業の人、不動産業界の人、身体を整える人、建築業の人、英語教育の人、美容業の人など実に多彩な業種の「子どもを取り巻く社会をよくしたい」と思っている「オトナ」が集まってくれました


オードブルやスナックをつまみながらの自己紹介から、今回のテーマドミニカ野球から学ぶ子どもの育成方法のお話をみんなでディスカッション!
思いがけずこの場で出会った人がピッチャー経験者・キャッチャー経験者でバッテリーが組まれたり・・・
世界の子どもや教育の話にまで話題はおよび、楽しく盛り上がりました!


ユニセフのチラシも配られて少年スポーツの業界にある監督と保護者の関係性や、監督・コーチのいうことがすべてみたいな指導教育方法について、どう感じるかなど話題は尽きませんでした。
しかしスポーツ指導から、子どもへのかかわり、あるいは企業での人材育成に共通する部分があって、参加者それぞれが持ち帰るものがあったのではないかと思います。


サロンdeわはは、第二回は「こども食堂」がテーマ。第3回は「ステップファミリー」がテーマです。
参加者が「次は私のこの話を聞いて欲しい」と持ち込み企画が実施できるのも面白いですね

わははネットもこうした関わる人脈を多岐に広げることで、これまで接点が持てなかった子育て家庭とつながり、さらに私たちのクレドである「産んで良かった、生まれてよかった社会の実現」に向けて一歩ずつ進みたいと思います!