Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

わははブログ

決断が難しい~(ファミリー防災フェスティバルご来場ありがとうございました!)


昨日は台風接近中、天気予報は雨でしたが、なんと朝は曇り昼前には日が差して午後は少し暑くてまぶしいくらいの天気に味方され、ファミリー防災フェスティバル、予想以上の人出でにぎわいました。
初イベントでしたが出展者様からもご来場者様からも大好評。来年はいつ?との声もあちこちから・・・(まだ未定(;^_^A)

しかし、前日は「翌日雨確定」「サンポートは風が強いし危険」という情報で、
開催するか、中止するか。
開催するなら、安全確保のためにできる対策は何か
中止するならどの基準でどのタイミングで中止告知するか
どっちをとってもリスクがある。(お金をかけて準備していることもあるし)

悩みに悩んだ前日。

会場レイアウトを可能な限り危険防止で変更し、ギリギリまで出展者の皆さんに連絡を取り了解を得ながら、当日朝6時の天候を見て最終決定、と伝え前日5時には設営は終了。
夜中に何度も耳を澄ませ窓の外の雨風にハラハラ。

結果的には雨も収まり良かったのですがこういう時の「決断」ってやっぱり代表の仕事。

事故がないように。みんなに迷惑かけないように。成功するように。

これまで幸いなことに主催イベントは予報が嵐でも、晴れるというラッキー続きで乗り越えてきましたが、でもこれに安心したり油断することなくこれから先に決断を迫られることが起こっても、冷静に状況を見て最善を尽くして判断したいと思います。時には撤退や中止もあるかもしれないけれど。

実は昨日は市内は運動会の予定の学校もたくさんあったよう。
運動会は前日中止決定だったこともあり、こちらのイベントに来てくれた親子連れも多かったようですが学校も判断に悩んだだろうなあ。


ネットワークはタダではない。


今日は栃木県庁こども政策課さんからお2人、香川県の取り組む「縁結び-子育て美容-eki」事業についてのヒアリング訪問がありました。

栃木県と聞いて、、、、実は「ん~栃木、行ったことないなあ~」なんてことをぼやいてしまいましたが、日光東照宮も那須高原も栃木県じゃん!(いずれも昔行きました)
宇都宮も何回か…そっか、栃木って印象があまりないけど宇都宮と言われたら色々つながる(;^_^Aすみません!

栃木県庁さんが来られると聞いて栃木県のサイトを見たり子育て支援施策などを見たりしながら香川にないものや聞いてみたい取り組み、民間団体とのつながり等聞きたいことたくさん。

~~~がしかし、わははネットへのヒアリングと香川県庁の子ども政策課さんとのヒアリングとをされたようですが我が県庁はヒアリングの時間のみの対応。

せっかく栃木から来て香川にお泊りなのに‥‥交流しないの?!?!もったいない!(早くから予定はわかっていたのだし。課にはたくさん人がいるだろうに誰も「おもてなし」しないの??お接待の四国民なのに?!

ってことで、夜はお2人を骨付き鳥のお店へご案内(もちろん割り勘ですが)情報効果や親睦を深めてきました。


・・・・・・・・・・・・・
さて、私はよく行政の人に「こんな取り組み知りませんか」「今他県ではどんな取り組みしてるか教えてください」「講演に呼びたいんだけどこの人知りませんか?」等いろんなことをオフで相談されたりします。

人を紹介したり、情報を提供したり、、、、見えないものって「ただ」だと思っているかもしれませんが、信頼関係を構築して聞きたい時に教えてくれたり情報提供してくれたり人と人をつないでくれるのもこうした地道な日頃からの人間関係構築の上で出来ることだと思います。

本当に現場を(私の場合は香川の子育て支援を)良くしたいなら他の地域の取り組みやネットワークは大いに参考になりますし、参考にするべきです(いい例も悪い例も、全て無駄情報はないはず)

せっかく他県からわざわざ来てくれているのに「聞かれたことに答えるだけ」の香川県庁さんは・・・・(あえて担当者といわず”県庁さん”と総称しますが。。。)少々残念です。

まあ行政にもいろんなタイプの人がいますからすべての人がこうではないはずですが。しかしこういう関係構築に心を注がないタイプの人ほど、気軽~に「ねえちょっと教えて。あなた(中橋)なら知ってるでしょ」って気安く聞いてくる。
その情報、時間もお金もかけて私が築いてきたものなんですよ~~~!!!(と声を大にして言いたいわっ!


高知県香南市の子育て支援センターへ


今日は今年7月にオープンした高知県香南市の子育て支援センターのスタッフ研修に行きました。
のいち動物園で有名な野市のまちなかに40台近い駐車スペースを持つ県産の木をふんだんに使ったとても広くて立派な子育てひろばでした。


驚いたのは普通の子育てひろばにはない、まるでホテルの一室のような「静養室」と書いたベッドやソファを置いた部屋が2部屋。
ここはママがつかれた時に静かに個室で横になれる場所だそう。
すごい!

スタッフの方も皆さん熱心な方ばかりで人数も多いのでこうして静かな場所でゆっくりママの話を聞いたり子どもと関わることもできるんでしょうね。

本当に素晴らしい施設でした。(うらやましいい~~


子育てひろばセミナーin山口にて登壇してきました


本日は山口県山口市にて子育てひろばセミナーin山口。
中四国九州などから100名を超える人が参加してくれました。
厚労省のお話、金山先生の基調講演の後のご当地の子育て支援拠点の皆さんとのパネルディスカッションを今回はホワイトボードを活用して(100人超えの会場でww!)切り込んでみましたよ!
子どもを取り巻く環境の変化はどこの地方都市でも様々な課題と共に現場でひしひし感じています。
だからこそ支援者に課せられる役割があるのだと思います。
いい出会いとお話をたくさん聞けました


そして帰りの電車は・・・なんとSL!?
狙っていたわけではないのですがちょうどその時間帯の特急が観光列車のSLでした
汽笛を聞くとゾクゾク~!近づいてくると石炭のにおいが!
オフでも貴重な経験ができた山口一泊二日の旅でした♪


不思議なご縁(オレンジリボンの引き寄せ⁉)


昨日は高知市役所の元子育て支援課長さんが高松へ出張だったので、ということでお立ち寄りくださいました
高知市の元保健師さんも高松に引っ越したばかり、ということでせっかくなので夜は懇親を深めました

そこで高知市では困難家庭に家事育児支援をするのに民間の力を借りて訪問を丁寧にしているという話を聞きました。
民間委託は「みその」という社福法人さんがされているとのこと。

うわ~興味津々!と思っていたら・・・


私が普段しているこのオレンジリボンのバッジを見た高松短大の山本幾代先生が「そのバッジどこで手に入れるの~?私も欲しい~」というから探してみます!ってなことで、このバッジを昨年購入した高知県庁の方に尋ねてみたら、、、なんと「みその」さんのみで販売しているというのです!

なんという偶然!

っていうことでさっそく来週の高知出張では高知唯一の乳児院でもあるみそのさんを見学させてもらうことになりました

偶然同じ施設の名前を連日で耳にするなんて!