Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

寄付で応援

おもちゃ美術館準備室

理事長ブログ

会議が長引くのは女性の問題ではない


東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が2月3日に「女性がたくさんいる会議は時間がかかる」なんて女性蔑視発言問題が炎上してますね。

この記事読んだ人の中に「あ、ナカハシ?!」って私を思い浮かべた人がいるかも?!と思うくらい、私は「意図的に」会議では空気を読まず発言しています。
私はかなりの数の行政の委員をさせていただいています。
ん?どれくらいかなー
香川県だけでも
かがわ創生総合戦略推進懇談会委員
せとうち田園都市創造計画委員
子ども子育て会議委員
廃棄物対策(食品ロスなど)なんとか対策委員
魅力ある高校の在り方検討委員
正しい選挙~なんとか委員
小児救急医療なんとか委員
・・・などなど(これ、ここ数か月で開催した委員会から拾ってるので他にも結構あったと思う。そして正式名があいまいですみません('◇')ゞ)
外にも自治体(高松市、坂出市、丸亀市、小豆島町などなど)の委員やら他県の委員やらもしていたりするので正式な委員会に出ることは多いほうだと思います。

どの委員会もたいてい私は一番最初に手を挙げる(ということは、資料を事前に読み込んで事前に意見をまとめてないと発言できないんだよ)ことにしていて、しかも、何度も手を挙げる(苦笑)
委員長も会議がシーンとしたら「じゃ、ナカハシさん」って当ててくれる方もいて(笑)とにかく「よく発言するコウルサイ人」なイメージかもしれない

中には森会長と同じように「話の長いオバサン」と思っている委員もいるかもしれないね

しかし先日香川県の創生会議に出た時この会議は県の会議の中でも最も重要な会議(知事はじめ県の要職の方がそろって入る会議)なので、私はもちろん事前に資料を読み込み発言をまとめ、そして話がだらだらしたりそれたりしないようにしっかり話をまとめて臨んだのです。

2年前まで五年間「まち・ひと・しごと創生会議」の委員として官邸に通い総理はじめすべての大臣が並ぶ席で会議をしてきた身として「発言時間は今回ひとり3分」とか制約された中で発言するには言いたいことを全部伝えるには何度も発言を遂行し削り削ってそれでも発言は超早口になります
どの委員もそうでしたし、私もそうしたトレーニングがされてきました。
それでいいんです

だって役所の会議(特に偉い人が並ぶ会議)ってディスカッションを求められてなくて一律発言すること、(それぞれの団体などを背負っているからその業界を代表して声を出すことが求められている)のだから、議事録にきっちり残ることが大事なのです。(議事録に残ると行政としては対応しないといけないからね)

なのに先日の会議では進行方法が事前に伝えられておらず発言時間も決められておらず、だらだら長い話をする委員もいるし(どれは男性も女性も)、私の早口発言はちょっと失笑を買ったりして、内心ムカーっ!!!


会議で女性比率が少ないコトも多いので
*発言するときあえて空気は読まない
*でも会議の性質ではしっかり時間を決めて的を得た発言をするように意識している
*女性として、子育て支援者として、会で求められている役割としての発言を恐れずしっかり言いたいことを言う

ということを意識しています

会議で発言の長い委員がいるとしたら、会議の内容とずれていたりするなら、それが女性だろうが男性だろうが、ファシリテートしている議長の問題、及び、事務局の進行案の問題ではないでしょうか?

女だから・・・・・なんて思われると本当に心外だし、女性だからこそあえて意識してやってることが多いんだぞ!と大きな声で言いたい~~!わ!


今日は香川県次期総合計画策定懇談会


今日は香川県庁にて「香川県次期総合計画策定懇談会」
今年秋に策定予定の計画を揉みます。

ちなみに現在の総合計画「新・せとうち田園都市創造計画」はこちら

5年後の香川を見据えて様々な視点から計画を策定します

その中でも大きなテーマである「子育て県かがわ」の実現を目指すための項目や、「豊かな人間性と個性あふれる子どもたちを育てる」のテーマでは事前に他県のデータ等も調べて香川県として足りていない部分などを補うために提案型の意見を伝えるようにしています
批判や非難をしても何も変わらないのでできるだけ現場感覚をもって具体的に提案したいと思います。

これから策定に向けてさらに勉強して子育て家庭代表として頑張りまーーす!


讃岐の郷土料理<手早く作る


今日も今日とて「まんば」料理。

讃岐の郷土料理「まんばのけんちゃん」
寒い時期は葉物野菜は自分が凍ってしまわないよう糖度をあげる。なのでギュッと甘みのあるおいしい野菜になるのです。
そんながんばっている「まんばちゃん」
子どもの時は「おばあちゃんが食べてる料理」なイメージだったけれど、この年になると、マンバのおいしさが身に染みる。

実は改良されていてかつてほど「あく」がなくあく抜きもさっと湯通しすればいいくらいなのだそう。
私もかつては湯がいて一晩水につけて…ってしてたから「手間のかかる野菜」だと思っていたけど、実は簡単。
伊吹島のイリコと、お揚げと一緒に少し甘めに炊くといくらでも食べられます

そして案外冷凍もできる

週末大量に作りこんで平日の一皿をキープしておく。

日本は四季のある国だからこうして季節が来ると食べたくなる料理があるのは本当に恵まれていると思います。

ふるさとの味、そしてこの季節だけの味。食べておかないと損だよね!


さて、そんな讃岐郷土料理を紹介した「さぬきごはん」の冊子。
子育て情報誌おやこDEわははでもご紹介しましたが、1冊800円にて、わはは・ひろば、まろっこひろばで販売しています。
ご関心のある方は一言声をかけてね!

今すぐ手に入れたい!という方はオンライン購入もできます
送料がかかるのでこちらは1000円のようです。
https://sanuki-gohan.stores.jp/items/5d79c0dfe4fc391e21816643

讃岐のご飯、情報誌1月号でも特集してます
まだ読んでない!という人はこちらから↓
https://npo-wahaha.net/news/entry-7494.html
ウェブからも読むことができます


<取材日記>自己肯定感を高める関わりのきっかけ作り


今日は公文式高松えびす教室をお借りして、NPO法人親の育ちサポート香川代表(香川大学医学部小児科専門医)鈴木裕美先生と、公文式えびす教室岡村先生にインタビュー取材をしてきました!

おやこDEわはは3月発行号は「子どもの習い事特集」
子供の将来の可能性をの伸ばしたい!興味のあることをどんどん挑戦してもらいたい!と春になると子どもの習い事を考え始める保護者さんも多いもの。

何を習わせればいいの?子どもが嫌がったらどうしたらいいの?どれくらい成果がでるかしら?

そんな保護者の想いの前に、「なぜ習い事をさせたいのか」「その時保護者はどう子どもとかかわった行くのか」

そんなことを率直に先生に聞いてみたくなりました

習い事をすることで「あの子のように出来てない」「習い事してるのに成績が上がらないのはなぜ?」って周りと比較したりできていないことに目を向けていたのではせっかく習い事をしているのに「自己肯定感が下がってしまう」ことにならないかな。

「よくがんばったね!」って一緒に子どもの習い事に向き合い伴走することで、子どものやる気が育ち前へ前へと進んでいける・・・

そんなきっかけが習い事を通して伝わるんじゃないかな。

・・・ってことを、公文式をずっと習っているレスリングのメダリスト登坂絵莉さんが言ってる!!!この記事すごいです!

そんなこんなで、習い事をする前に親として学ぶこと考えるきっかけをまずは取材記事からお伝えしたい。思った以上に先生方のお話が面白くそして深く、すべての子育てパパママに伝えたい!とさらに思いを強くしました

これからわははネットライターあやちゃんがまとめますので(笑)3月号の発行をぜひお楽しみに!


公文式えびす教室(高松市木太町)で岡村先生が開催している0.1.2歳のBaby KUMON教室。
2月中は2週間無料体験ができますよ!!!
岡村先生、とーーーっても素敵な先生で子育て相談も聞いてもらえそう。興味のある方はこちらからどうぞ。
https://www.kumon.ne.jp/enter/search/classroom/1062080080/babykumon.html


ケーブルテレビ「イクコミ」の収録でした!

今日はケーブルメディア四国(高松エリアのケーブルテレビ)の「イクコミ!」子育て応援番組の収録でした。

高松市こども未来館ミライエの休館日に合わせて誰もいない子育てフロアを借り切っての月1の収録。レギュラーで【知って得するこそだてあれこれ】のコーナーを担当して4年。
高松市内の子育てお役立ち情報を提供しています。

2月オンエア分は「高松子育て総合情報誌らっこ」のご案内。
完全リニューアルしてから紹介していなかったので…高松の子育てのバイブルとして紹介しましたよ!


今年度からMCにmimikaちゃんが一緒に出てくれるので、収録も毎回ワキャワキャ(^^)/
まさに子育て真っ最中のmimikaちゃんなので、らっこも「もう~これが手放せないんです!えー?!これってわははネットさんが作ってたのですねー!」ってリアクションが最高!(笑)

そんな高松の子育て家庭に一家に一冊の「らっこ」ちゃん。

わははネットではただいま5月発行のR3年度分の作成真っ最中です。
らっこへの広告掲載ご希望の方も併せて大募集中。


ケーブルメディア四国「イクコミ」の放送はケーブルテレビで毎日放送しています(無限ループだ(笑))
こちらもぜひご覧ください♡