Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

寄付で応援

讃岐おもちゃ美術館

理事長ブログ

イクメンがあるのになぜないイクママは(丸亀市 川柳より)

そのほかの川柳も↑クリックすると見れますよ


かれこれ10年以上に渡り丸亀市さんの男女共同参画審議会委員をさせていただいてます。
丸亀市は早くから男女共同参画都市宣言もされていますが市町合併でその温度差を埋めるためにもさらに力を入れて取り組みを進めていますね。

さてそんな中で一昨年度に続き昨年度も市民募集していた男女共同参画川柳。

最優秀賞は「ありがとう それより聞きたい 俺やるよ」
なるほど~~~

で、私がしみじみしたのは
優秀賞に選ばれた「イクメンはあるのになぜない イクママは」

深い~~~

わざわざ「それ」を表現するためにできた言葉って「それ」自体がレアだから。だよね。

「女医」という言葉はあっても「男医」はない(医者が男は普通?)
「愛妻家」はあっても「愛夫家」はない(夫を愛してる妻は普通?)
「イクメン」はあっても「イクママ」はない(育児するママは普通?)

確かにひっかかるううう~~
私も前々から思っていたのでこの川柳を見たときは膝をポンと叩いてしまったよ~

今日はそんな丸亀市でNPO法人さぬきっずコムシアターさんをお借りして「かがわ子育てひろば連絡協議会」のメンバーと妊娠期からプレパパ・ママが広場を利用してくれるといいね、という打ち合わせ。
そんなプロジェクトを今年度仕掛けていきますよ~
妊娠期からパパのかかわりも伝えられたらな、って思います!(^^)!


新年度はじまる!【令和版 働き方改革について⁈】

クリックすると開きます


エイプリルフールなのでこっそりつぶやきますが
「週に3回はブログ更新‥‥したいです」(笑)
こんな私ですが今年度もよろしくお願いします。

さて昨日、香川県さんのホームページにアップされましたが、昨年度わははネットが受託し、実施した働き方改革事業の成果報告リーフレットが完成しました。

昨年度県内以下5社さんに働き方改革モデル企業サポートとして専門家の先生と一緒に足しげく通わせていただきました
*アイ・ディー・エム様(老人福祉・介護系)
*きむら様(小売業:スーパー)
*ゴーフィールド様(情報通信業 ホームページ制作等)
*ウエストフードプランニング様(飲食業 こだわり麺や)
*医療法人 誠弘会様(サンシャイン歯科他)

様々な切り口で残業削減、仕事効率化、人材育成、意識改革等々が進み短期間のかかわりでしたが一定の成果が出せたのではないかと思います
何より印象的なのは、社員の皆さんがやらされている感ではなく(コンサル当初は戸惑いの方が大きい表情でしたが)後半はイキイキと表情が変わってきているのが分かるほどでした。

昨年度の取り組みを通して「働き方改革」が政府の旗振りによるものではなく、必要に迫られた消極的理由ではなく、経営者も社員も「幸せになるために」積極的に取り組みたい!と思い自ら改革に乗り出す、、、そんな令和の時代の幕が開けるといいなあ、と願わずにいられません。


子育てに必要な「間」


日曜日、霧の中、五色台の山間にある「社会福祉法人 四恩の里」さんへ施設見学に行きました。
ここは児童心理治療施設 若竹学園などを運営しています。
若竹学園には小学校2年生から中学までの子ども達が共に生活をしています。
ここでは「スポーツチャンバラ」をレクリエーションとして取り入れているとのことで、なぜスポーツチャンバラなのか?を聞いてみました。

入所している子どもたちの中にはコミュニケーションが苦手だったり様々な課題を抱えている子どもたちもいます。
子どもたちの中には「間合い」を取るのが苦手な子が多いそうです
人間=まさに人の間と書き「間」はとても大事
離れすぎても関係が築けず手を差し伸べても届かない。近づきすぎても後ずさり。
ちょうどいい間合いを体で感じられるようになるために、また体を思いっきり動かすことで固くなっていたからだとともに心も動き出す、ということをおっしゃっておられました

子育てには「サンマ」(三つの間)が必要だという話はよく聞きます
時間・空間・仲間=子育てのさんま(三間)

たしかに「間」ってとても大事だな、と思いました

スポーツチャンバラ、ユニークな入口だけども子どもたちは楽しみながらいつの間にか「間」をつかんでいくんだろうな、と思うと若竹学園さんの型にハマらない、子どもたちに何が必要か本質だけを見て取り組んでいる姿勢に感銘を受けました

写真は、まさに無になり本質を見極めるために(笑)野田理事長にお願いして体験させていただいた坐禅の様子です。


まっ黄っ黄!! 世界国際女性デー


世界国際女性デーというのがあるらしい。
HAPPY WOMAN のサイトによると(以下引用)
========
1904年3月8日にアメリカ・ニューヨークで婦人参政権を求めたデモが起源となり、1910年のコペンハーゲンでの国際社会主義会議にて「女性の政治的自由と平等のために戦う日」と提唱したことから始まりました。
========
ということで海外ではメジャーな日らしく、男性が女性に「ミモザ」の花束をプレゼントする日にもなっているそうです。

ということで、四国初のハッピーウーマンフェスタというのが丸亀町商店街を中心に開催されオープニングゲストとして招待されました。
よって本日は黄色い衣装に黄色いタイツい黄色い靴(やりすぎ(笑)!)

若い女性たちが実行委員として頑張っていましたよ!私もミモザの花束をいただきました♪


本当にお金がかかるのは…


この春大学2年生になる息子。
寮を出て一人暮らしをすることになりました。

借りたアパートの礼金敷金約20万。
冷蔵庫・洗濯機・レンジ・トースター・掃除機・炊飯器・ベッド・収納ケース‥‥なんだかんだで約25万!

月末には次の学費の請求も来るはずだから・・・・・!!!!!

いやはや。子育てにお金がかかるのは本当に義務教育が終わってから。

少子化と子育てに係るお金の問題は切っても切り離せないわけで。どんどん産んで!と言われてもこんなにお金がかかると悩むよねえ。
いい解決策があれば大募集!

写真は買ったばかりの冷蔵庫と洗濯機。有名メーカーじゃないので、ちょっと不安ですが(;^_^Aなんとかかんばってもらいましょう!