Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

寄付で応援

讃岐おもちゃ美術館

理事長ブログ

香川県の利用率は高い!認知は8割以上!♯8000番


子どもの夜間の救急電話♯8000番をご存知でしょうか。
私はかれこれ10年近く、香川県の夜間小児救急電話相談の委員会の委員を県内の小児科の先生方と共にさせていただいています。今日はその委員会がありました。(夜の開催なのですが(;^_^A)

夜間の子どもの熱や体調不良、特に第一子の子育て中の家庭では「どうしたらいい?」と慌てますよね。

一方で今や医師不足。夜間診療ができる病院・エリアも限られるし、ましてや救急車がガンガン要請が来ても困りもの。

そこでいったん電話で専門家(看護師資格をお持ちの)が電話対応で様子を聞き家庭での処置や、すぐに夜間診療につ入れて行ったほうがいい、あるいは救急車を呼んだ方がいい、あるいは様子を見て翌朝病院診療をすすめる、などの対応をお伝えするサービスです。

香川県は二回線このサービスを使っていますがこの12月1月は始まって以来の電話件数だったよう。

しかし他県と比べると香川県は#8000の認知度が高く、また利用頻度も高いそうです。
周知がうまくいってるってことでしょうね。

お熱があっても顔色が良くおしっこも出ていて機嫌もいい、となると少し様子を見よう。。。っておばあちゃんが近くにいれば言ってくれるかもしれませんが核家族ではじめての子育てだと、「38度近くお熱が出たのは初めて!心配でたまらない」ってなるパパママの気持ちも分かります。
そうした時にこういうサービスがあるのはありがたいですね


高松市が全国3位(中核市の中での出生率)なんだって!


今日は東京出張。自民党本部さんからのヒアリングと、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局「地域における出生数や出生率の向上に資する取組等に関する調査」のヒアリングでした

人口30万以上の中核市の出生率の中で高松市が全国3位という高水準なので、その理由を分析しているということで、様々な観点から(子育て支援施策のみならず暮らしやすさや物価、労働環境、行政のみならず民間や地域の取り組みなどすべてを包含的に見て)調査されているということで、私なりの感じていることを客観的、主観的にお伝えしました。

高松市は支店経済で転勤族も多くわははひろばに遊びに来る転勤族ママは他府県と比べ「高松は子育てしやすいなあ」と言います。理由は様々。お魚が美味しいなあ、とか、ひろばが近くにあるし(笑)とか、地域の人が優しいし、とか、子どもを自転車に乗せての移動がしやすい、とかとか。
小さなことの積み重ねで「子育てしやすいなあ」というムード、空気感が生まれるのかもしれません。

もちろん第二子以上の保育料無償化とか、子育て情報発信が素晴らしい(らっこ!(わははがやってる~))とか、そもそもわははネットがある!とか(爆:手前みそすぎ?!)とか、いろんなこともあるけれど、やっぱり「人」が醸し出す暖かで穏やかで子どもに優しい【空気】って大事だなあ、と思った次第。


香川県社会教育委員の会、本日ラスト!


今日は平成30年度第二回香川県社会教育委員の会でした。ちょうど10年この委員を務め任期満了で本日最後の出席になります。

さて本会議のメインの議題は「地域学校協働活動」について。

子供を取り巻く大事な要素として「学校教育」「家庭教育」そして「地域学校協働活動としての”社会教育”」があります。そこで文科省では平成29年社会教育法に「地域学校協働活動」というのを位置づけ地域の高齢者、成人、学生、保護者、PTA,NPO、民間企業、団体・機関等の幅広い地域住民等の参画を得て地域全体で子どもたちの学びや成長を支える体制を整える、としています。

しかし行政の縦割りの中で子どもの暮らしを見守る大事な要素として例えば「放課後児童クラブ」の位置づけやあるいは「こども食堂」などをどうとらえるか。また子供の成長を長いスパンで見たときに地域子育て支援拠点や保育園幼稚園からの見守り連携等、あまり文科省は意識をしていない(というか言葉が出てこない)のは少し寂しい。という意見をお伝えしました。

行政では縦割りであっても地域では同じ人が暮らしていて様々な要素で様々に関わる。とにかくダブりはあっても漏れ抜けは無しで子育て家庭を見守り支える仕組みが必要だということをそれぞれの部局が本気で考えないといけない、と最後の委員会でも相変わらず一番多く発言してしまうのでした(;^_^A

香川県の家庭教育・社会教育についてはとても充実したホームページがあります
こちらをご覧ください


縁結び・子育て美容‐eki 認定出前講座開催しました♪

美容ekiサイト


日本一狭い県は日本一子どもに目の行き届く県である!「イクケン香川」

これは香川県の子育てPRのキャッチコピー!
人口比で子育てひろばの数も日本有数である香川県。子育てに優しいPRに積極的です
しかし、まだまだ子育てに負担感を感じている親子が多いのも事実で子育てひろばの数(県内約100か所)よりも何十倍も多い美容院や美容サロン等(県内3000カ所以上)に協力を呼びかけ子育て支援のメニューを当事者に伝えていただこうという発想で生まれた「縁結び・子育て美容‐eki」事業

今日は事務所からもほど近くにあるポーラ化粧品の美容部員の皆様に向けて出前講座をしてまいりました

子育て真っ最中のスタッフさんも多く、また担当制なので個室施術で毎回同じ担当の人と顔を合わせるうちに内面的な悩みや愚痴を相談されるお客さんも多いということで、今回も香川県の縁結び支援情報や子育て支援のメニューなどを丁寧に説明したところ、お客さんの相談に役に立つ!と大いに喜んでいただけました。

子育てに寄り添っているのは何も職業として保育士や相談員をしている人だけでなく子育て家庭と接しているあらゆる民間の方の力も大きいなあと改めて感じた今日でした。

縁結び・子育て美容‐eki事業についての詳細はこちらから
https://www.ems-kagawa.jp/biyo-eki/