Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

わははブログ

食べられる花育*エディブルフラワー


本日のマイ弁当にお花をあしらってみました(笑)ありゃりゃ。
せっかくオシャレな食べられるお花=エディブルフラワーさんが、完全な和テイストなお弁当に全くマッチしてない~www


今日突如ご連絡をいただたき地元県内大手のカトーレックさんがエディブルフラワーという食べられるお花の新規事業を今年立ち上げられたということで、子どもたちにも知ってもらいたい、とご担当の素敵なママさんが遊びに来られました。
小豆島(土庄)に「完全無菌で作れるお花工場」があるそうです


丁寧に丁寧に作られたお花は無菌なので洗わなくてもそのまんま食べられるし無菌なので傷みも遅く二週間は冷蔵庫で綺麗に持つそう

・・・でも、まあちょっとお高いから日常使いには難しいよね。特に子育て中の家庭はお財布も大変だし~と思ったらご担当者さんは、まず買って食べるよりも先に、子どもたちにお花を身近に感じてほしい、というではありませんか?

彩の豊かさで心癒され、いろんなお花があって身近に感じてほしい、ってことで、何か一緒に企画できたらいいのになあ~と思いました。しかしコロナでイベントもなかなか積極的に企画できないもんなあ。


とりあえず、、、、とランチタイムに持参弁当にあしらってみたけれど・・・

そもそも鳥そぼろ・高野豆腐・しょうゆ豆・かぼちゃ煮・小松菜・・・というなんとも「おばあちゃん的」なお弁当・・・花が似合わなさすぎる・・・(苦笑

ってか、お花の使い方を間違えたのか⁈
本当は花弁を一枚一枚分けて花弁を散らすように少しだけ色味に活用するのが正解なのね。

「花育」という言葉もあるし、コロナでお花業界の皆さんも大変なことになっているし、何かお花を身近に子どもの時から感じられる機会を作りたいな、とモグモグしながら感じた次第。

食事に彩があると体の栄養だけじゃなく心にまで栄養が届きそうですもんね

小豆島で作れらているエディブルフラワーは
小豆島やさい工房の素敵なサイトからネット購入も可能です
https://shodoshima-vege.stores.jp/