Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

わははブログ

桜の下で思ったこと。(来たる10連休へ向けて)


桜満開の週末はまさにお花見日和でしたね。
子どもたちが新入園・入学・進級するご家庭の皆さんは家族でお花見を兼ねたお祝会をされた家庭も多いかもしれませんね。

さて、私は香川県内(17自治体中11自治体がファミサポを実施)で実施している全てのファミサポさんでアドバイザーとして関わらせていただき、まかせて会員さんというお子さんをお預かりしてくれる会員さんの養成講座も担当させていただいています。

たかまつファミサポで10連休のファミサポ利用についての諸注意(利用者増が見込まれるので早目の登録準備を)が掲載されていました。

そう、今年の大型連休は新天皇即位のお祝などもありカレンダーは10連休。
長期休暇(夏休み冬休み等)と違い、日祝にあたるので保育園も学童保育もお休みのところがほとんどになりますね。
で、保護者の方はみなお仕事も10連休になる人ばかりかというと、そうでもない。
だってほとんどのお店やスーパーも病院も介護施設も営業しているし、非正規雇用等で経済的にギリギリで頑張っているご家庭だと10日も休むと家計に影響するケースだってあるし。

また被虐待児にとっての長期休みが、本当に厳しい状況であることも見えて来ていて、
「わ~い!10連休!家族旅行だ!やっほ~!」な家庭ばかりではないことを、まずは私たちは意識しなければ。と思っています。

桜の木の下で満面の笑顔でお花見をしている家族を見ながら、子どもが休みの週末にお花見に行きたくても行けないご家庭があることも意識しながら「じゃあ、何ができるのか」そんなことを考える春の空の下でした。

今年も6月から県内各自治体のファミサポで「まかせて会員養成講座」がはじまります
市の広報やHP等でももうすぐお知らせがはじまります。
保育施設等がお休みの日や時間帯に地域の子どもたちをちょっと預かる、そんな力の発揮の仕方もあるかもしれませんね。

県内各所のファミサポの問い合わせはこちらから。