Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

わははブログ

「おかえり」と出迎えられる人になりたい


高松市中央卸売市場って行ったことある?

さぬき浜街道からだと裏に見えるのでなかなか知らないと行く人は少ないかも、ですがここが結構ベイサイドスポットで今あつい!

そしてその一角にSHOGENさんというアフリカンアーティストが壮大な絵を壁一面に描いた!というニュースを見てさっそくお邪魔。


アフリカタンザニアのブンジュという小さな村でアートを学んだというSHOGENさん。

まず村に行った時に村の人たちに受け入れられるかどうか、「幸せの3か条」を訪ねられたそうです
その3か条を持って入れば村に受け入れてあげる、と。

その3か条が

*一日三食ご飯が食べられる
*ただいまと言ったらおかえりと言ってくれる人がいる(家族じゃなくていい)
*抱きしめられたら温かいと感じられる心があるか

だったそうです。

深いいいいいい。

そんな温かな幸せな村の人々に育まれてアートを学んで全国を飛び回り子どもたちと触れながらバスや大北施設の壁に思うままに絵を描いているそうで、10月にはまた高松に戻ってビッグプロジェクトがあるそうですよ

香川の子どもたちも「幸せの3か条」が満たされるといいなあ、
少なくとも「ただいま」と言ってくれれば「おかえり」と皆を受け入れられる人でありたいなあ。と遠いアフリカの村人を想像しながら思ったのでした。