Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

わははブログ

シビックプライド 島のある風景


連休中に結婚25周年(銀婚式)を迎え、夫と二人で瀬戸内の男木島に一泊旅行。
瀬戸内国際芸術祭会期中で大勢の環境脚でにぎわっていました。
しかし相変わらず瀬戸内海は本当にいつも美しい!


今回宿泊したのは先月偶然知り合いになった男木島で「島の暮らし。日本人の暮らしぶりを伝える」活動をしている小林さんの営む「ドリマの上」
島は車も通れない細い坂道だらけで自然に囲まれています。


宿主に誘われ夕方の浜辺で貝やアオサ・ワカメなどを収穫。
潮風が心地よくこんなに近くに、そのまま食べても美味しい自然な栄養がたくさんあるなんて本当に贅沢!
しかしついつい本気でたくさん採ってしまいたくなる・・・のを我慢して食べる分だけ(笑)


宿の屋根裏の素敵なスペースの手作りの窓を押し開けると瀬戸内海に沈む夕日が・・・。

鳥の声と、五右衛門風呂の煙突から上がる少し燻した香りと、潮風と・・・
あまりに心地よくて泣けそうになる。


食事は男木島で取れたものばかり。
もろみや味噌や発酵した調味料等でとにかく体に優しく、有難い。

毎日急いで生活していて見落としていたものや鈍感になっていたこと。
せっかく瀬戸内に暮らしていて、こんな贅沢が毎日目の前にあるのに、もったいない!
改めて生活を見直そう。そしてこの故郷の魅力を子どもたちにも受け渡していこう
そう思ったGWの一日でした。