Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

事務局ブログ

【アンケート実施中】絵本について

11月号『おやこDEわはは』では、親子で絵本(本)に親しんでもらおうと特集を企画中です。
そこで現在、子育て中の方に読み聞かせの悩みやご自身が幼いころ親しんでいた絵本を調査中。
ほんの2~3分で回答していただける内容になっています。
たくさんの方の声を聞きたいので是非、アンケートにご協力ください。

アンケートは こちらから



親10年生、次のステップへ


こんにちは!企画制作チームのみょ~さんです。

みなさんは自分を褒めることってありますか?
私はあまりありません。
親になってからというもの、自分のことは後回しになることが多くなりました。

でも先日、自分を褒めてあげたいなと思うことがありました。

家族で週末に川に出かけたときのことです。
川沿いにあるお店に立ち寄ったとき、息子(小学校4年生)があるポスターをみて
「これがしたい!」と言いました。

「クイックジャンプ 高さ15mからのフリーフォール型アトラクション!」

と書いてありました。

「いやいや、あぶないからやめときなさい」
と言った私。

「いや、俺はしたい」
と息子。

「身長110cm以上だったらできますよ」
とお店の人。

「なら、俺はする!」

と決心のかたそうな息子。

でも、15メートルって!
建物でいえば4階から5階の高さ。
私は高所恐怖症で、自分で飛ぶのは絶対無理。
かと言って大事な大事な息子が飛ぶのも見たくない。
悪いクセの妄想力がはたらいて、
もしロープがちぎれたら……
もし何かにぶつかったら……
もし気絶してそのまま意識が戻らなかったら……
と頭がぐるぐる……。

でも、そこで思ったんです。
もしかしたらこれは、息子が大人になっている証拠なのかもしれないと。

今年で10歳。私も親になって10年。
「育てる」という役割から「見守る」という役割にステップは変わっているのかもしれないと。

「ほんなら、そんなにしたいならやってみな」
と震える声でいいました。

「よっしゃー!」
はつらつとした笑顔で、勇ましくジャンプ台に向かっていきました。
私は不安でいっぱいでした。

無事に飛んで、無事に地面に着地しました。
「ママー! みてた? 気持ちよかった~」
と走り寄ってきた息子。

本当に、無事でよかった。
そして、「少し」親になった自分を褒めてあげました。


90号掲載の「Hugはぐタイム」では子ども出来ることになった「少し」のことを一緒に喜ぼうというコラムでした。

自分のことも「少し」褒めていいですか?


9月1日は防災の日

企画制作チームのかおりんです。
今日9月1日は防災の日。そして、8月30日~9月5日は防災週間です。
避難訓練など実施される時期ですよね。
でも、今年は3蜜を避けるなど新しい生活様式取り入れられているのでなかなか実施も難しいのかもしれませんね。子どもに聞いても小学校で避難訓練の予定はないみたい。

日頃はほったらかしがちな我が家の防災グッズもチェックしてみようと出してみました。
3人家族なのにリュックが4つある・・・。(謎・・・)
よくよく考えると防災リュックを準備したことで満足して中身をしっかり確認していないことに気づきました。



1つ目のリュックには ・携帯トイレ ・エアーマット ・からだふきシート など生活に必要なもの


3つ目は ・紙コップ ・ラップ ・ガムテープ ・ラジオ など日用品


2つ目のリュックには ・長期保存食 ・水 ・クッキー など食料品


4つ目は 長女が高校の夏休みの宿題で「防災リュックを作る」というテーマで作ったもの。


この中身を改めて見てこれでよいのか?という疑問が!
もし、災害が起きて一人ずつリュックを持って避難所に向かったとしても離ればなれになってしまったら、これでいいのかな?
このコロナ禍で災害が起きた場合安全であれば自宅で避難をしましょう。と言われていますが、リュックには一人分ずつ必要なものが入っている方がいいのではないだろうかと思い始めた!
今回、チェックだけで見直しまでできなかったので次の休みには詰め直してみよう。

そして、マスクが入っていないことが発覚。
コロナがはやり始めマスク不足になったときに取り出したんだった。ちゃんと補充しておかないと!

皆さんも防災週間の今だからこそ見直しをしてみてはいかがでしょうか。

災害に備えるのはグッズだけではありません。
自分が住んでいる地域の防災のことを確認してみたり、家の中に危険な場所がないか確認したり、非常食のことなど知っておくとよいことがたくさんあります。
情報誌では「おやこDE防災」シリーズで毎回テーマを設定してお知らせしています。
バックナンバーが見られるのでここからチェックしてみてね。


知らず知らずに触れてるアートな香川県

うどん県旅ネットからの写真


こんにちは!理事長えみこうです(^^♪
讃岐おもちゃ美術館設立に向け伝統工芸やアート作品等に造詣の深い方をお連れして県内をご案内することが増えました。
すると皆さん、美術館や文化施設中に飾られているアートではなくカフェや信号待ちして見渡す町並みを見て「香川県の芸術に関する民度が高い!」と驚かれます。

例えば私たちに馴染みのある高松中央公園や五色台の上にあるこの「遊具」

「遊具」と私が呼ぶと「これは作品だ!」と芸術のわかる人たちに叱られてしまいましたが(笑)これ幼いころからよじ登って遊んでいた遊具…実は 高松市にゆかりの深い彫刻家イサム・ノグチが遊具として考案した
 ・PLAY SCULPTURE(プレイ スカルプチュア) ※写真奥
 ・OCTETRA(オクテトラ)※写真手前
という作品名のついたアート作品であり遊具でもあるものなんです!


さらにすごいのが公共施設に親しみのあるアート作品があるだけでなく、民間施設にもアート作品がさりげなく置かれています。

この作品には県内特に、坂出市の人にはなじみのある造形かも。
坂出市ゆかりの彫刻家「さとうゆうじ」さんの作品。道路わきの街頭も素敵なさとうさんの作品が輝いてますよね。

そしてこの写真は…実はおやこDEわはは裏表紙の広告を出してくれている「しん治歯科」さんの診療代を仕切っているパーテーションなのです!!!

無機質な歯科の診療コーナーをアート作品でさりげなく仕切る!
さすが「アートの民度の高い香川県」


こんな風にアート作品が自然に生活の中に存在するんですよね
こんな香川県の魅力をこれからも子どもたちにしっかり伝えて「香川に生まれて良かった!」と思ってもらえるような情報提供をしていきたいと思っています

ちなみに、しん治歯科さんの受付カウンターに置かれているのは平成30年に受賞された「高松市子育て支援中小企業表彰」の認定の庵治石でできた置物です。
実は密かにわははネットも高松市子育て支援中小企業表彰をいただいていますのでお揃いの庵治石の親子を模した置物があるんですよ!

子育てに優しくアートにあふれる香川県(*'▽')
子どもたちも自慢できるふるさと香川をこれからも発信していきますよ~~!



すごいぞ!けん玉 番外編~昔懐かしい遊び~

こんにちは!
企画制作チームのみょ~さんです。
90号でけん玉についてご紹介した「おもしろい遊び発見!!」コーナーは読んでいただけましたか?
ぜひぜひけん玉で遊んでみてくださいね。

おもしろい遊びといえば、先日、息子がテーブルの上で「消しゴム落とし」をしていました。
消しゴムをおはじきのようにして遊ぶ男子が好きな遊びです。
現代っ子もこんな遊びするんだ! と思いました。

だるまさんがころんだ」とか「けいどろ」を公園でしている子どもを今でも時々見かける
けれど、見かけなくなった遊びもありますよね。

そこで私がしていたいろいろな遊びを思い出してみました。



昔、路地裏でこんな落書きみたことありませんか?
スタート地点から石を蹴って数字が書いてある枠の中にいれ、石がある枠をさけてケンケンパーする遊びです。
小学校低学年のころ、毎日のように友達と遊んでました。
書ける石と書けない石があって、よく書ける石を見つけたらポケットにいれて家に持って帰っていました。

なんで息子のポケットには石が入っているの!? と疑問に思っていましたが、
私もポケットに石入れてました(汗)



○×ゲームです。
この遊びも休み時間になるたびに友達としていました。
授業中、ノートの端っこで1プレーすることもあったな~。



かわいいコックさん(絵描き歌)
「棒が一本あったとさ~」のメロディーに合わせてアヒルのコックさんの絵を描く遊びです。
懐かしいですね~。

今はしてはいけない遊びも思い出しましたよ。
ブランコで立ちこぎをしながら靴を飛ばす遊びとか、
ブランコからジャンプして距離を競う遊びとか。
絶対、危ないですよね。


遊びももちろん楽しいんですが、思い出すのはその時仲の良かった友人のことや、
色々教えてくれた家族のこと。

やっぱり「人」と遊ぶって素敵なことなんですね。
私たちの子どもの世代にも「遊び」を伝えていきたいです。

次号の「おもしろい遊び発見!」!のコーナーは「音遊び×工作」です。
お楽しみに~