Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

子育て応援スペース
わはは・ひろば

【介護にかかるお金の話:施設に通って利用する編】ウチの親、もしかして認知症かも?!


こんにちは!
さかいで地域子育て支援
コーディネーターのフルヤです。

今回のダブルケアってなんだろう?
「ウチの親、もしかして認知症かも?!」
のテーマは…

介護にかかるお金
在宅サービス/施設に通って利用する編です。



坂出市HPの「介護・高齢者」のページより

●在宅サービスの種類と費用のめやす

<施設に通って利用する>

通所型のサービスには次の3つがあります。
※金額は自己負担(1割)の目安です。
事業所によって別途費用が発生することがあります。

■介護予防・生活支援サービス(通所型サービス・デイサービス)

身体や生活機能の訓練や集いの場などを提供。
ボランティアが主体となった体操などの運動、
介護事業者による以前の介護予防通所介護に
相当するサービスなど、多様なサービスが想定されています。

<対象者>
(1)要支援1・2の方
(2)基本チェックリストにより
介護予防・生活支援サービス事業対象者となった方

基本サービス 1か月
要支援1 1,647円
要支援2 3,377円
※食費・日常生活費は別途負担



■通所介護(デイサービス)

デイサービスセンターにて
食事や入浴、機能訓練などを日帰りで行います。
基本のサービスに加えて、筋力トレーニングなどの機能訓練や食事に関する指導、
口の中の手入れ方法、そしゃく・飲み込みの訓練指導などの
メニューを選んで利用できます。(別に費用が加算されます)
【通常規模の事業所/7~8時間未満の利用の場合】

基本サービス 1回につき
要介護1 645円
要介護2 761円
要介護3 883円
要介護4 1,003円
要介護5 1,124円
※食費・日常生活費は別途負担



■通所リハビリテーション(デイケア)

介護老人保健施設や医療機関等で、
食事、入浴、機能訓練などを日帰りで行います。
筋力トレーニングをはじめとした機能訓練、
食事に関する指導、口の中の手入れ方法や
そしゃく・飲み込みの訓練指導などの
メニューを選んで利用できます。(別に費用が加算されます)



基本サービス 1か月
要支援1 1,712円
要支援2 3,615円
※食費・日常生活費は別途負担



【通常規模の事業所/7~8時間未満の利用の場合】

基本サービス 1回につき
要介護1 712円
要介護2 849円
要介護3 988円
要介護4 1,151円
要介護5 1,310円
※食費・日常生活費は別途負担


【ウチの親、もしかして認知症かも?!】介護認定

こんにちは!
さかいで地域子育て
支援コーディネーターです(^^)/

今回の「ウチの親、もしかして認知症かも?!」
のテーマは

介護認定

についてです。


介護認定とは介護サービスや
介護予防サービスを利用するために
必要な認定のこと。

介護認定には7段階あり、
段階によって受けるサービスの
自己負担額が変わります。



介護認定を受け、サービスを利用するまでには
30日程度必要です。

1.申請
2.訪問調査と主治医意見書
3.審査・判定
4.認定・通知
5.ケアプランの作成~サービス利用開始
6.認定の有効期間と更新の手続き
(坂出市HPより)


【ウチの親、もしかして認知症かも?!】地域包括支援センター

こんにちは!
さかいで地域子育て
支援コーディネーターです(^^)/

今回の「ウチの親、もしかして認知症かも?!」
のテーマは

“地域包括支援センター”

についてです。

介護のことで相談したいと思ったら、
まずは坂出市かいご課の中にある
坂出市地域包括支援センターにいってみよう。


地域包括支援センターは

“高齢者がいつまでも住み慣れた地域で
安心してその人らしい
生活ができるよう支援するための機関”。



例えば、認知症をはじめとした
高齢者の総合的な相談窓口として


例えば、要介護状態にならない、
悪化を防ぐことをを目標としたはつらつ教室の開催


例えば、虐待や財産の管理など、
高齢者の権利を守る機関として



介護予防のケアプラン作成や
自立に向けた介護予防サービスの紹介も。


突然始まることの多い介護。
分からないからこその不安を
一緒に考えてくれる心強いパートナーです。

まろっ子ひろばで毎月開催の、
ダブルケアカフェには、
坂出市の地域包括支援センターの職員も同席していますよ。


ちなみにかいご課は市役所内ではなく、
向かいの合同庁舎内にあります。
(★が市役所です)



【ウチの親、もしかして認知症かも?!】両立ってどうするの?

こんにちは!
さかいで地域子育て
支援コーディネーターです(^^)/

今回の「ウチの親、もしかして認知症かも?!」
のテーマは

“両立”

について。

「育児・介護休業法」
をご存知でしょうか?



この法律は、働く人が家庭(介護・育児)と
仕事を両立させるために必要な制度として
制定されたものです。

当事者のニーズに合うように、
少しずつ改正されています。

最近では平成29年3月に改正。

今回の改正で大きく変わったのは、
育児休業期間が保育所等に入れなかった場合、
再度申請することで、最大子どもが2歳になるまで
延長できるようになったこと。

その他の改正ポイントについては
平成29年改正法解説資料(下記)を参照ください。
(厚生労働省より)



さかいで地域子育て支援コーディネーターは
保育所や幼稚園の情報提供も随時行っています。

まろっ子ひろばに常駐しているので、いつでも声をかけてください。


【ウチの親、もしかして認知症かも?!】はじめに

こんにちは!
さかいで地域子育て
支援コーディネーターです(^^)/

まろっ子ひろばでは、2017年5月から毎月
“ダブルケアカフェ”を開しています。

ダブルケアとは、
育児と介護を同時進行している状態のこと。



どちらか一方だけでも、一人で担うのは大変なこと。
それが仕事との両立だったり、
または「子育て×介護×仕事」だったら?…

介護はいつスタートするか分かりません。
でも、誰にでも起こりうること。
そのとき、焦らないためにも

「ウチの親、もしかして認知症かも?!
ダブルケアってなんだろう。」

のプロジェクトがスタートしました。

子育て×介護
介護×仕事
子育て×仕事

ちょっと困ったな、のその前に
知っておくといいかも…な
情報をお伝えできればと思います。