Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

寄付で応援

讃岐おもちゃ美術館

子育て応援スペース
わはは・ひろば

【✨参加者募集中✨】7月開催 育てにくさの正体~発達障がいとの付き合い方~

‼参加者募集中‼
昨年度大好評の『育てにくさの正体~発達障がいとの付き合い方~』を7月に開催します✨

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓
開催日:2022年7月7日(木)10時~12時
場 所:社会福祉法人 坂出市社会福祉協議会 [香川県坂出市寿町一丁目3-38]
講 師:坂出市発達障がい児(者)親の会 共同代表 土生奈加(はぶ なか)さん
対 象:小学校低学年までの子どもの保護者
要予約:先着7組※参加無料・子連れ参加OK
申し込みはこちらのフォーム
またはお電話《087-816-5581》でお願いします。

講師の土生さんが経験したことや工夫したこと。
参加される皆さんの子育てに少しでも役立てられるならと参加してくださいます。
聞いてみたいことや悩んでいることをみんなでお話しませんか?

大変なことや苦しいことが、
今すぐに解決はしないかもしれませんが、
同じような悩みを抱えた方同士でお話しするだけでも、
少し心が軽くなるかもしれません。

ぜひご参加お待ちしています!

問合せ:087-816-5581
担当:まえだ



【イベント報告】育てにくさの正体~当事者ママのお話~

今年度最後の『育てにくさの正体』シリーズ第3弾‼
最終会は、当事者のママであり、坂出市発達障がい児(者)親の会/共同代表の、
土生奈加さんによるご自身の子どもさんとの、11年間の子育てをお話いただきました。

①生まれてから診断を受ける前まで(2歳)
②幼稚園入園から小学校入学まで
③小学校就学から現在
成長の段階を分けてお話いただきました。

初めての子育て、赤ちゃんのお世話ってこんなに大変なんだ、
ミルクの温度、短時間睡眠一つひとつが大変過ぎた。
今思えば、ミルクの温度も寝なかったのも過敏さが原因だった。
初めて、この子ちょっと心配?と感じたのが
母子手帳の記入欄に人見知りがありますか?に
うちの子人見知り全くない・・・。
1歳半で子どもと目が合わない。
ネット検索が始まり、言葉もゆっくりなこともあり
健診にて発達の様子観察が始まったとのことでした。
育てにくさは年齢を追うごとに増し、
土生さん自身がレスパイトするために福祉サービスを開始されたとの事でした。

集団に入ってからほかの子どもとの違いを感じ落ち込んだこともあったそうです。
でも周りの子どもの理解もあって、
子どもが子ども同士で成長する事も増えていかれたそうです。
土生さんは周囲に子どもさんの事を理解してほしいと考え、
子どもの質問や保護者へ子どもの苦手なことや今頑張ってることを伝えるようにされ、
その甲斐いもあったのか子どもたちも理解を深めてくれたとのことでした。

ただただ、上手くいったことばかりではなく、
理解なく、断られたりすることもあったそうです。

ただ、
子どもにとって幸せなこと
子ども自身が楽しいこと 
を一緒に探した子育て。
周囲とは違うけれど、
この子にとっての楽しいを感じられることを大切にされていました。

1時間30分はあっという間に過ぎました。
どれも
これも
子どもにっとて
子育てにとって大切なお話をお聴きすることができました。

今日の話を聴いた方は
今日は子どもに優しくできそうです。
貴重なお話。土生さんありがとうございました。



【‼明日開催‼】3/11(金) 育てにくさの正体~発達障がいとの付き合い方~


たかまつ地域子育て支援コーディネーター前田です♪

今年度3回シリーズでお届け予定の、
『育てにくさの正体~発達障がいとの付き合い方~』
3回目【最終回】の講座のご案内です( *´艸`)
*申し込みはこちらから
*お電話は☎087-816-5581(わははネット)まで

講師に、坂出市発達障がい児(者)親の会 共同代表の土生奈加(はぶ なか)さんをお迎えして、
土生さんの11年間の子育てについてお話していただきます(^^)

寝ない・・
食べない・・
ほかの子とちょっと違う・・・
と思いながら、どのように感じてどんなふうに工夫していたのか。

生まれてすぐから、あれ?子育てってこんなに大変?
他の人の子育ての悩みとちょっと違う。
うちの子ってどうやって接したらいいの?

大切にされてきたお子さんとの時間を、
今悩んでいる方やしんどい方に、
少しでも自分の経験が誰かの子育てに役立てるなら・・
とお話をしてくれます。

質疑応答の時間がありますので、
聞いてみたいことや感じたこと、なんでもお話できます。

ぜひ参加お待ちしています(*^^*)

問合せ:087-816-5581
担 当:前田


【たかまつコーディネーター】子どもの発達を知ろう~3月~

あっという間に2月が過ぎ去ってしまい、時の過ぎる速さが年々加速していることを感じています(*_*;
まだまだお正月気分だったのに…(笑)

さて、今月の子どもの発達に関する書籍のご紹介です。
今月は2冊ご紹介させていただきます(*^^)v


※毎回お伝えしますが、コーディネーターの独断と偏見で選んでいることを、あらかじめご了承ください(/・ω・)/

【3月のBook】



高松市のお隣、三木町にあるすくすくクリニックこにしの小西薫院長先生が、ご主人と共に「みなさんに伝えたいこと」を一冊の本にされました。赤ちゃん学研究センター長であったご主人の小西行郎先生は2019年に永眠されましたが、入院生活の間に奥様と共同作業で執筆されたそうです。

『「育児」とは、~中略~自ら育つ子どもたちを応援すること、つまり「育む」という視点が大切』で、『そうした育ちの「見通し」』を私たちに教えてくださる本です。

育児中のよくある悩みの所には付箋を貼ってあるので、ひろばに遊びに来た時に手に取って見てみてくださいね。



2冊目は、イラストレーター・漫画家の著者が実体験したペアレント・トレーニングを、マンガでわかりやすく説明された本です。
子どもの困った行動を減らすためにどうすればいいか、親がイライラした時にどう対応すればいいか、など具体的な実践方法が分かる本になっています。

2冊とも来月以降は貸し出し可能です!

春は大人も子どもも生活環境の変化などソワソワする季節です。なんだか気持ちが落ち着かない…などあれば、一度コーディネーターにお話ししてみてくださいね(*´▽`*)

*コーディネーターの相談時間*
受付時間:月~金曜(祝日はお休み)9:00~17:00
住所:高松市大工町1-4
電話:087-816-5581


【たかまつコーディネーターだより】~2月~ 1歳以降の食事

たかまつ地域子育て支援コーディネーターです(^^)/

今月の子どもの発達についての情報は・・
テーマ【1歳以降の食事​​​​】
臨床発達心理士の常田美穂先生に聞いてみましたよ♪

食事は毎日3回もあって、365日繰り返されるもの\(゜ロ\)(/ロ゜)/
親子で無理なく続けられることが大事ですね。

さて!今回はどんなお話をしてくれるのでしょうか(^^)?

3分ほどの動画です!
ぜひ見てみてくださいね(^^)/