Copyright c npo-wahaha.net

メニュー

ページのトップに戻る

お問い合わせ

寄付で応援

おもちゃ美術館準備室

ニュース

【求人募集】まろっ子ひろば、わはは・ひろば坂出『ひろばスタッフ』大募集!!

まろっ子ひろば、わはは・ひろば坂出にて、『ひろばスタッフ』を大募集中です!
「香川から子育てをもっと楽しく」をモットーに、県内で活動するわははネットの一員として、
「すべての子どもが愛され、生まれてきてよかったと思える社会」を目指して、子育て中の親子
と関わり繋いでいくスタッフとし活動しませんか。

『求人説明会』
ZOOMを使ってのオンライン
子育てひろばの説明会を開催いたします。

子育てひろばの仕事に興味があるけれど、イメージができるけれど
具体的に仕事内容はどのようなこと?
保育士みたいに手遊びができないといけない??
子育て広場に興味があるけどまずは、聞いてみたいという方
ご参加ください。



お申し込みはこちらより


■仕事内容/未就園児(0~3歳)とその保護者が集まって情報交換したり交流する
      「子育てひろば」の運営・親子の対応
■勤務地/①まろっ子ひろば(坂出市林田町1960-6)
     ②わはは・ひろば坂出(坂出市京町2-1-5)
■就業時間/①月~金 9:00~17:00 週5日 ※シフトにより日・祝勤務あり1回/2ヵ月
      ②月~金 9:30~15:30 週3日程度 ※2カ月に1回程度土曜勤務あり
■資格/普通自動車免許
    ※保育士資格のある方大歓迎
■問合せ先/認定NPO法人わははネット
      坂出子育て支援センター まろっ子ひろば
      担当/辻野 0877-35-8119(平日 9:00~17:00)


2020.8.30四国新聞掲載:まろっ子:子連れ再婚家族交流会の様子

8/20(木)にまろっ子ひろばで開催された、ステップファミリーサポート協会カモミールさんと
NPO法人わははネット主催の「≪第10回≫ステップファミリー【子連れ再婚家族】わいわいおしゃ
べり交流会」の様子を、8/30(日)四国新聞に掲載していただきました。

子連れの再婚家族「ステップファミリー」がお互いに悩みを話し合い、 講師からアドバイスを受け
るというセミナーの中で、気分転換に活用してもらおうとオリジナルのアロマオイルづくりをする
楽しそうな会場写真も載っています。



2020.8.25香川テレビ放送網オンエア【まろっ子】坂出三金時を知ろうイベント


わははネットがまろっこひろばにて開催した「めっちゃおいしい坂出三金時を知ろう」のイベントの様子が坂出のケーブルテレビで放送されました
こちらからご覧いただけます↓
https://www.youtube.com/watch?v=rWxw3kmVUn0&t=21s


親子でもっと地元を知ってもらい、地元を食べて楽しんでもらおうというこの企画
コロナ禍の中でも最大限対策を取って開催しましたがとっても楽しいイベントになりましたよ!


2020.8.20衛藤晟一内閣少子化担当特命大臣の視察受け入れ


2020.8.20
わははネットが発案し香川県と一緒に進めている美容院やサロン、そして生命保険など子育て家庭と個別にしかも定期的に話をする機会のある職業の人に向けて香川県内の結婚事情・子育て支援施策等を知っていただきお客さん(子育て家庭)にダイレクトに伝えてもらおうという企画「縁結び・子育て美容‐eki」事業が全国から注目を集めており衛藤少子化担当大臣からの依頼を受けて視察を受けました。


高松空港に降り立つやすぐに、坂出のわははネットが運営する「坂出子育て支援センターまろっ子ひろば」へ。
大臣と共に内閣府子ども子育て本部から藤原大臣官房審議官や、泉参事官もご一緒に来訪いただきました。

まろっ子ひろばに遊びに来ている親子と直接膝を突き合わせ(適度なソーシャルディスタンスを保ちつつ:記念写真時だけ集合)子育て家庭の様々な実情のお話を聞いていただくことが出来ました
また外に出るのが困難な親子はZOOMにてオンライン参加。
コロナ禍での新しい子育て支援のカタチとしてオンラインも併用して事業を進めていますがこうした実情を見ていただくこともできました。


視察後衛藤大臣からは、まろっ子の子どもたちに向けてなんとも素敵なお礼のお手紙が届きました!
直筆の署名入りで、子どもたちも声を出して読めるよう平仮名で書いてくださっています。

顔を合わせた子どもたちのため、未来のために頑張っていただける何とも親しみのあるメッセージ!
ありがたいです


まろっ子ひろば滞在後は、移動して高松の美容室ASAKURAさんへ。
わははネット中橋もご一緒にアテンド
縁結び子育て美容‐eki事業にとても熱心に取り組んでいただいていますが、ここでは少し時間をかけてディスカッションタイムを取りました。
本事業の説明のみならず在宅で子育てをしている家庭へどのようなサポートが必要か、仕事と家庭の両立をしていくためには、また父親の役割等々について様々な視点で地方の子育て家庭の実情をお伝えすることができ、また衛藤大臣が本当に子育て支援にこれまでもずっと熱心に取り組んでこられて益々少子化が懸念される中必死であることも伝わりました


わははネット宛てにも丁寧なお礼の手紙をいただきました。

このような貴重な機会をいただき、香川の子育てをもっともっと良い環境にしていきたいと願って活動している私たちの声を届けることができました

ありがとうございました!