車買い換えました~(^^♪

本日、約7年14000キロを走行した
愛車 真っ赤なポルテを買い替えました。
今度は緑のポルテです(笑)

子どもたちがまだ幼かった頃は
チャイルドシートを2台取り付けたり
ベビーカーを乗せたり…と荷物も多いし
何かと大きな車が必要だったので
8人乗りワゴンのエスティマに乗っていました。

だんだん一緒に乗ってくれる子どもたちも減り…
一緒に移動する機会も減り…

今や長女も家を出て(留学中)、次女も長旅(長女のいるところへ)中で
家族そろっても3人…( ;∀;)さみしいです。

マイホームも建てたときは末息子が生まれた年で
これから成長する子どもたち3人をイメージして部屋を
とりましたが、これからは家族が減るので使わない部屋も
出来ました。

…でも…

きっと後数年?すれば、また子どもたちが結婚?
出産?孫育て…??!!なんてことになると
家族が増えていきますよね。

そしたらまた大きな車に買い替えなくっちゃいけないかな。

家族の形態って今がずっと…じゃないんだなあ~
って最近しみじみ車の買い替えと共に考えちゃったりしています。

さ、今度の車はぶつけないように安全運転しなくっちゃ(おいおい)

日曜日は高松テルサで映画「じんじん」

今日のラジオDEわはは!でもご紹介しましたが
絵本の読み聞かせを題材にした映画じんじん
http://jiyuuseki.ashita-sanuki.jp/e741354.html
の上映会があります。

4月6日(日)
午前の部 10時~
午後の部 14時~
高松テルサ ホール(高松市屋島西町)

映画の上映後、読み聞かせフェスもあります。
午前の部は高松市の大西市長、午後の部はアンリさんが
読み聞かせをしてくれるそうですよ!

また県内の子育て支援団体等のパネル展も同時開催しています

そしてそして…

この上映会、当日は一般1500円ですが…
わははネットから見てきました!と言ってくれれば
前売り料金(1000円)で入場できますよ~!(^^)!

また託児もあります。
こちらも「わははネットさんに聞いた」と言ってくれると
締め切りは過ぎていますが託児も手配してくれるかも!

詳しいお問い合わせは主催の
湯浅さん090-3181-4519
まで。

私は6日午前の部に見に行く予定です(‘ω’)ノ

高松市地域子育て支援コーディネイターをご存知ですか?

今日は午後から高松市役所で
「地域子育て支援コーディネイター」の打ち合わせ会でした。

昨年度後半からスタートしたこの事業。
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/22297.html

この時期特に転勤で高松に引っ越してきたけど
どこで子どもを遊ばせていいのかわからない。
幼稚園や保育所の情報が欲しい。
等など子育て家庭の抱えるちょっとした悩みや
さらに来所いただいて様々な相談を受けています。

高松市内の4か所の子育て支援団体等が
この事業を高松市から受託し相談業務を行っていますが
まだスタートしたばかりの事業なので
それぞれの事例を持ちより検討したり研修を受けたり…と
試行錯誤しながら進めています。
これからは来てくれる人だけでなく、個別の相談を
訪問してできるよな体制づくりなども必要になってくると思います

わははネット(高松大工町のわははひろば)にも
子育て支援コーディネイターが配置されています。
是非お気軽にお電話や遊びに来て子育ての相談をしてくださいね!

親子で話そう!家族のきずな・我が家のルール 三行詩作品紹介

ここ数年に渡り選考委員をさせいていただいている
文部科学省と日本PTA全国協議会が主催している
「親子で話そう!家族のきずな・我が家のルール 三行詩」
の表彰が先週、東京霞が関の文部科学省の講堂で
ありました。

昨年の夏休みの宿題などでエントリーし
ものすごく膨大な作品の中から
選ばれた小学生の部・中学生の部・一般の部で
受賞された方々が親子で全国から
集まってこられていました。

私も書類選考の時点でも
泣きまくり、最終選考委員会でも
ホロリとし、毎回泣き笑いの選考を
させていただくのですが
作品も素晴らしいけど
実際に受賞者とお会いして
この作品が生まれた背景などを聞くとさらに
ぐぐぐっときましたよ。

例えば中学生の部で文部科学大臣賞を受賞した作品

・・・・・・・・
反抗期
楽しまないでよ お母さん
反抗する気 なくなるじゃん
・・・・・・・・・

中学生の子を持つ私としても
なんだかニンマリできる作品でしたが
受賞者の女子中学生は表彰台で

「私は母が女一人で育ててくれています。
母は周りのママ友が子供たちが反抗期で手を焼いている、
等という話を聞くと反抗期のない私のことを
「ひとり親だから反抗せずに親に気を使っているのか」と
逆に心配していたそうです。
ある日少し反発した私を見て
”ああよかった!うちの娘が反抗してくれた!”と
喜んでいました。
そんな姿を見ると反抗するのが思う壺のようで
なんだか反抗する気も失せてしまいました。」

という母を想う素敵な娘さんの想いが
この作品に込められているのでした。

他にも小学生の部も大人の部も
泣き笑いのステキな作品ばかり。

興味のある方はこちらからご覧ください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/katei/1343473.htm

また今年もきっと夏前に全国に応募の募集がかかるはず
夏休みの宿題などで選択で応募があるかもしれないので
是非皆さんもエントリーしてみてください!(^^)!
お母さん(保護者)の部もありますからね。

今年の一般の部での私のお気に入り作品はこちら

・・・・・・・・・・・
ママ、お母さん、母ちゃん、くそばばあ、おふくろ
出世魚見たい。成長したのは君なのに。
呼び名すべて母(わたし)の勲章。
・・・・・・・・・・

平成26年度が明けました!

さ~26年度が明けましたー!

消費税は上がったけれど
でも、それもこれも子ども子育て環境がよりよくなるため!
…と思えば・・・・・うむむ( ;∀;)

昨年度、ニーズ調査に協力いただいた
子育て家庭の方も多いと思いますが
皆さんのニーズを反映して県内各自治体も
これから子ども子育て支援計画を策定していきます。

例えば私が委員をしている高松市だと
ホームページ
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/22796.html
に子ども子育て会議の状況などを随時アップしています

…が、実際のところ小さい子どもを抱えたママやパパが
じっくり会議録などを見たりするのは現実的ではないかもしれませんね。

子育ての環境…つまりはわははネットのような子育てひろばや
保育園、幼稚園など子育て関係の施設や制度等々も
これからより身近に、よりニーズに合った形で
展開される「はず」です。

おいおい…私たちがおさめた消費税増税分のお金は
こんなことに使われたのかよっ!

と文句を言われないように
使い道を検討している、この子ども子育て会議の進捗の状況なども
これからこのブログを活用して発信していきたいと思います

できるだけ行政のサイトよりは見やすくわかりやすく
噛み砕いて発信したいと思いますので…お楽しみに!

福岡に行ってきました

10月2日(水)
福岡県主催の
『イキカツ+(PLUS)交流会』
にゲストスピーカーとして呼ばれて行ってきました。

この事業は、わははネットのお姉さん団体(株式会社フラウ)さんが
福岡県より受託し企画運営をされているプロジェクト。

企業とNPOが互いに強みを活かして社会貢献などで協働していく事例を増やすために
互いを知り合い協働のきっかけづくりをしていこう!といもの。

わははネットからは
タクシー会社とコラボした子育てタクシー事業や
マンション会社とコラボした子育てマンション事業や
ママ達の座談会やら、あれこれを
お話しました。

異文化、異業種の方々とコラボするには
こちらのニーズを客観的データ(たとえば
当事者アンケートをするなど)をもって
説得することや、明るく楽しく夢を持って
アプローチすること。
分かりやすい言葉で簡潔に伝えられること。
楽しげなコピーやネームのライティング
マスメディアとの上手なお付き合いの仕方など
少し事例を交えてポイントをお伝えしました。

会場には、ファザリングジャパン九州の方などNPOさんを
はじめベビードレスを作る会社等の企業さん
そして行政の担当の方など様々な皆さんが興味を持って
ご参加くださっていました。

協働、とか、ソーシャルビジネス、とか。
地域の課題を、地域で解決する持続可能な仕組みづくり。

香川県はまだ少し遅れているような気がします。
 

 

アンケート、来るよ~!


消費税、あがっちゃいますね
毎日、お買いものしている主婦にとっては
『どーなっちゃうの・私の生活?!」って
感じですよね。

でもね、消費税、あがったぶん社会保障として使いましょう!
それも、今までのように*年金*医療*介護だけでなくて
*子育て支援
にも使いましょう!って決まってるんです!

そう!消費税、あがるけど
でも私達に還元されるんだよ!子どもたちのために!

ってことで、今様々な制度が新たになり
たとえば高松市では(県内どの自治体もこれから始まります)
『子ども・子育て支援推進計画』を策定するに当たり
大掛かりなニーズ調査を今実施中です
詳しくはこちらから↓
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/21652.html
 

対象者の方(アンケートが送られてきた方)は
「なんか良くわからないし面倒くさい!」と放置せずに
是非しっかりと目を通し記入してくださいね!

もし、子どもがいるから書きづらい~なんて方は
わははひろばなど市内の地域子育て支援拠点に
遊びに来て子どもを遊ばせながら書いてくれてもOK!
 

ファミリーサポート事業で三方よし!

今日は東かがわ市の公民館で
ファミリーサポートセンターのまかせて会員養成講座に行ってきました。

県内では
高松市(三木町・綾川町含む)・三豊市・さぬき市・坂出市・丸亀市・宇多津町の5市1町に続く7番目のファミサポ実施になります。

市民同士で子どもを預かりあう事業。

もちろん仕事や都合で子どもを預けなければならない親の役に立てれば…という役割もありますが
預かった会員さんも「預ってよかった!この活動をしてよかった!ファミサポの活動を通して生活に張りができた。充実している!』と喜んでいただけるような事業にしなければならない。
また預けられた子どもも、今もしくは将来的に「あの時にまかせて会員さんに預けられた経験が楽しかった。いい思い出。いつも出来ない経験をさせてもらえる」などといったプラスの面がたくさんできればいいな、と思っています。

つまり『親(預ける側)』『地域の人(預る側)』そして『子ども』のみんながこの事業を通して
”よかったなあ~!(^^)!”って思ってもらえる事業…まさに「三方よし」になれば…いいなあ~と
思っています。

子育ては家庭の中だけで完結せず、より多くの人の手が関わるほうが絶対にいい!と思っているので…

是非皆さんも地域のファミリーサポートセンターの会員(あずけるほうも、あずけられるほうも)に登録してみてはいかがでしょ?

 

毎週金曜日はFM香川ウィークエンドシャトル『ラジオDEわはは!』

毎週金曜日、14:30~FM香川ウィークエンドシャトルと言う番組の中に「ラジオDEわはは!」という小さな子育て情報コーナーを担当しています。

ウィークエンドシャトルは、落語家の桂こけし師匠と、キュートな筒井智子さんがメインの生番組。
毎週金曜日のこの時間に合わせて、私か事務局長ゆきんこちゃんが、FM香川のスタジオにダッシュして生放送で子育て情報をお届けしています。

わははネットからお伝えしたい子育てイベントや、情報誌発行のお知らせのほか、子育て中の皆さんへ季節ネタをお伝えしたり、固い話から柔らか~い話まで楽しく喋っているので聞いてね!(FM香川786)

ラジオDEわはは!の番組で取り上げて欲しい子育てネタや、教えて欲しい子育ての疑問や悩みなども是非コメントください!
FM香川に送っていただいても、わははネットにお送りいただいても、わははネットのツイッターやフェイスブックでつぶやいていただいてもall OK!
皆さまからのご参加お待ちしていま~す(*^_^*)

えみコラム・リニューアルっ(*^^)v

やっほ~(^O^)/

わははネット・ホームページリニューアルにともない、えみコラムもリニューアルです(^u^)
わははネット理事長 中橋恵美子 が、日々感じたこと、ひとりごと、会議や研修のレポートや雑感などをつづりながら、みんなで子育てをう応援できるムードが作れるといいなあ~なんて思っています。

14年前、子育てサークルわはは(輪母)netを立ち上げて、早や14年!
当時幼児だった娘二人も今時ギャルに育ち(…((+_+)))当時お腹の中にいた息子も中学生(足のサイズは28センチ!)になり…
でも瞼をとじると赤ちゃんだた我が子が昨日のように思い出され、瞼をあけると思春期息子が…なギャップに戦う母であります(^^ゞ

【香川から子育てをもっと楽しく!】
わははネットのモットーに基づいて、まだまだ子育て奮闘中!

これからも皆様引き続きわははネットをよろしくお願いします(^_-)-☆