事業報告

子育てカレッジ バスツアーの御礼状が「またたび」さんからが届きました!

今年度、わははネットが香川県 子育て支援課から委託を受けて実施している「イクケン香川」子育てカレッジ事業では、「香川で子どもを生み育ててよかった!」と様々な世代の人に思ってもらえるように、若い夫婦やカップル、乳幼児の親、祖父母世代などを対象に、県内各地で、全4学科9コースの講座を開催しています。

先月11月25日(土)には、香川の子育て支援施設をめぐる「バスツアー」を開催しました。

今回、このバスツアーでご協力いただいた「またたび」さんからバスツアーの感想と御礼状が届きましたので、ご紹介しまーす!

「またたび」さんは、香川大学の学生さんと新日本ツーリスト株式会社さんが「香川県の魅力を再発見」をテーマに、ツアーの企画、運営をおこなっている、学生プロジェクト・チームで、バス移動中のクイズなどで盛り上げてくださいましたヨ。

学生さんたちも、香川の子育て支援制度や設備を知ることができ、小さな子どもたちや保護者の方との触れ合いを楽しんでくれたようです♪

「イクケン香川」子育てカレッジは、来年1月・2月に【発達が気になる子ども支援学科】を開催します。
お申し込み受付中。日時等の詳細は、こちらから↓↓↓
https://kagawa-colorful.com/kosodate-college

【開催報告】子育てカレッジ11/25 バスツアー

「イクケン香川」子育てカレッジ 香川の子育て支援体験バスツアー
2017年11月25日(土)晴天の中、参加は15組。総勢41名。4か月の赤ちゃんから小学生の子どもと保護者、プレパパ・プレママ夫婦も参加しました。
高松市と坂出市の子育て支援施設を訪問して、担当の方にお話を聞き、実際に室内を見て、ネット上ではできない経験をしました。
車内では、またたびクイズタイム
バスの移動中には、香川大学「またたび」学生3名が、施設・サービスに関するクイズで盛り上げ!!5問以上正解すると、景品があると聞いて、がぜん参加者の意欲も高まったみたいです。

 

 

 

【訪問したのはこちら↓】
高松市こども未来館 たかまつミライエ
・たかまつファミリー・サポート・センター
・男女共同参画センター
・たかまつミライエ
★子どもを預ける・預かる助け合いシステムのファミリー・サポート・センターや、スウェーデンの育休パパたちの写真展も見学。

 

 

 

西岡医院
・レインボーキッズ(病児保育)
・にしおか医院地域子育て支援センター(親子ひろば、相談など)
★理事長の西岡先生から、病児保育にかける熱い思いを伺いました。

 

 

 

 

香南アグリーム
・工房で、ソーセージやうどん、ピザ作り体験、畑での収穫体験など、親子で楽しめる施設。
2階のカフェでは、農園で収穫した野菜やハーブを使ったランチを、金・土・日に提供しています。
★昼食は、アグリーム特製ピザ!季節の野菜、卵、ポテトなどボリュームたっぷりのトッピング。
ふだん野菜をあまり食べない子どもも、パクパク食べていましたよ。
お水に入っているキンカンとハーブも、アグリームで採れたもの。
★食後は、一面に広がる柿の畑に移動して、収穫を体験しました。

いのちの応援舎
・小規模保育所もも
・ぼっこ助産院
・おやこひろばひなたぼっこ ほか
★次の子どもは助産院で産んでみたいという方や、小規模保育所を初めて知ったという方もいて、知ってもらうよい機会となりました。

さかいで子育て支援センター「まろっ子ひろば」
・屋外ひろば
・室内ひろば
★ツアーでは大人向けの施設紹介がメインだったのですが、まろっ子ひろばでは、子どもたちが遊具やおもちゃで遊ぶ時間を設けました。家の近くにまろっ子ひろばがあったらいいのに…という声も聞かれました。

『多世代交流ガイドブック』及び『居場所DE愛BOOK』が完成しました!

今回、高松市からわははネットが委託を受けて作成した、居場所の運営者向けの『多世代交流ガイドブック』、居場所に参加している方や孫世代・子育てに関わる高齢者向けの『居場所DE愛BOOK』が完成しました!

 

 

 

 

わははネットが高松市に企画提案をおこなって受託し、作成を手がけたものです(*´▽`*)

この事業は、高松市が“高齢者居場所づくり事業”の中で、
介護予防や健康づくり、ボランティア活動など、高齢者が集って実施している「高齢者居場所」を、幅広い世代に知ってもらい、多世代での交流をさらに推進するためのものです。
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/29114.html

ガイドブックの作成にあたっては、多世代交流を実施している居場所へ取材に行って、スタッフの方や利用されている方にお話を聞いたり、子育て世代の親にヒアリングをして、多世代交流についての声をお聞きしましたよ。

特に、『居場所DE愛BOOK』は、世代に関わらず皆さんに興味を持ってもらい、手に取って読んでもらえるように、高齢者や子育て世代、それぞれが関心のある情報を知ることができるヒント集になるように、という思いから、表と裏どちらから開いても読める仕様を提案しました!

『多世代交流ガイドブック』は、高松市の高齢者居場所づくり事業を進める上で、運営者向けに地域の活動事例や居場所づくりのポイントなどを紹介しています。

どちらも、
高松市役所2階の長寿福祉課で配布しています。さらに、「居場所DE愛BOOK」は、6階の子育て支援課や、総合センター、支所、出張所、コミュニティセンター、瓦町健康ステーション、ふれあい福祉センター勝賀、子育て支援拠点施設や病児保育室でも配布しています。
データはこちらからもご覧になれます。

『居場所DE愛BOOK』
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/29114_L2_deai.pdf

『多世代交流ガイドブック』
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/29114_L1_tasedai.pdf

【開催報告】「イクケン香川」子育てカレッジ 11/18@坂出第一高校

11月18日(土)、<乳幼児のパパ・ママ学科>として、坂出第一高等学校にて
「イクケン香川」子育てカレッジを開催しました!
小雨まじりで寒い1日でしたが、会場はたくさんの親子でにぎわいました。

 

 

 

 

 

前半、ママと子どもたちは、広~い和室で「おもちゃのお話&体験タイム」。
おもちゃコンサルタントマスターの長江陽子さんが、ヨーロッパや日本のおもちゃをた~くさん持って来てくださいました(*´▽`*) 見たことのないおもちゃもたくさんあって、ビックリ!!

それぞれのおもちゃについて、特長や子どもにとっての良いおもちゃ選びとは?、安全性などについてのお話をしてくださいましたヨ。

ママも子どもたちも、次々に繰り出されるおもちゃに夢中!(^^)!実際に手に取って遊んだり、手触りを確かめたりしながら、遊びました。

同じ「木のおもちゃ」といっても、素材や手触りが違って、安全なおもちゃ選びや子どもに与えたいおもちゃについて、楽しみながら考えるきっかけになりました(^^♪

その間、パパは、本格和食に挑戦!!
教えてくれるのは、坂出第一高等学校 料理研究部の高校生たち。

 

 

 

 

昆布とかつおで出汁をとるところから始まり、土鍋でご飯をたき、鯵を三枚におろし、、、だし巻き玉子を焼きましたよ!!

 

 

普段はあんまり料理しない、というパパ、初めて魚を三枚にさばいた、というパパも多かったようですが、高校生“先生”たちの素晴らしいサポートのおかげで、みなさん上手にさばいていました。パパたちの真剣な表情が印象的でした。

最後は、「みんなで会食タイム」。完成したのは…立派な松花堂弁当!!
フタを開けた瞬間、美しい出来栄えに、「うわぁ~!」「すごーーい!!」というママたちの歓声と、パパたちのちょっぴり誇らしげな表情といったら(≧▽≦)!!

 

 

 

 

 

「今日を機会に、また家でも“だし巻き玉子”、作ってみようと思います!」、「調理の大変さ・面白さを知ることができました」と言ってくれたパパたち、ぜひお家でも料理してください。もちろん、お片付けまでお願いしますね(^_-)-☆
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました(^o^)/

【11/5開催報告】「イクケン香川」子育てカレッジ@丸亀市

【講師紹介】 香川大学医学部助教 小児神経が専門。 小4、小2、1歳の子どもの父親でもある。

秋晴れのさわやかな1日となった、11/5(日)丸亀市岡田コミュニティセンターにて、「イクケン香川」子育てカレッジ プレパパ・プレママ 学科が開催されました。

「いいお産の日」イベント第2弾となるこの日、中西讃の助産師さん方に混ぜていただき実行委員会を何度も開催して迎えました。
こんなに妊婦さんやホヤホヤ赤ちゃん達がどこにいたの?!と言うくらいマタニティや0歳児を連れたファミリーで所狭し!
メイン講演の「子育てカレッジ」では香川大学医学部の小西行彦ドクターの分かりやすい「赤ちゃんの泣きを科学する」お話しは、席が足らず急遽椅子を追加で出すほど大人気でした!

助産師が赤ちゃん訪問に行くと、たいていの家庭で「何で泣いてるか分からなくて私まで泣きたくなる😭」と言うママさんが多いとか。それを踏まえ、ママにはもちろんパパにも分かりやすく赤ちゃんが泣く事の原因や見分け方など説明がありました。
小西先生、助産師の鈴木佳奈子さん、NPO法人わははネット理事長 中橋とのトークセッションのでは、新米パパが熱心に質問したり、どのパパもママも子育てに一生懸命なのが伝わってホッコリしました。

 

【11/3開催報告】「イクケン香川」子育てカレッジ@高松テルサ

11月3日(祝)に、高松テルサで開催された「いいお産の日」イベントの会場内にて、「イクケン香川」子育てカレッジ<プレパパ・プレママ学科>を開催しました。

会場は、新米パパママと赤ちゃん、これからパパママになるカップルでいっぱい!
癒されました~(*´▽`*)

 

子育てカレッジの講演では、香川大学医学部 小児科専門医であり、NPO法人親の育ちサポートかがわの理事でもある、鈴木裕美先生から、子育ての「?」について、「前向き子育て」の5原則をもとにお話がありました。

たとえば・・・
「安全・安心して過ごせる環境作り」では、「失敗してもいいんだよ、大丈夫♪」という言葉がけの重要性を具体的に解説。

 

子どもは何度も失敗を繰り返すけれど、「失敗しても、間違ってもOK」と伝え続けることで、“安心して失敗”できるという話に納得。逆に「もう!また失敗して!」「何度言ったら分かるの」と、否定的な言葉を使っていると、子どもは失敗を恐れて新しいことにチャレンジできなくなってしまうそうです。ナルホド(‘ω’)

「現実的な期待感を持つ」という原則では、「子育てをたし算で考えよう」、とお話がありました。他の子どもやきょうだいと比較したり、こうなったらいいのにという親の理想と子どもの現実のギャップで悩んだりすることもありますが、“できるようになったこと”に注目( ^)o(^ )することが大切。

できるようになったことの積み重ねが「今」である、という視点は、子育てのどの段階でも当てはまる大切なポイントですネ。

その他にも、5原則に基づいた様々な対応の仕方について具体例を交えたお話があり、「今後の子育てにすぐに活かせそう」「前向きな子育てができたりいな」など、来場者からの声がたくさんありました!!(*´▽`*)

<今後の子育てカレッジ予定>
11月18日(土)に乳幼児パパママ学科@坂出第一高校
https://kagawa-colorful.com/app-def/S-102/colorfulex/wp-content/uploads/82ecdf42c9d41b7aad4ad561a35dd64e.pdf

を予定しています。お申し込み受付中ですよ!

▼お申込みは下記から。
11/18(土)https://ssl.form-mailer.jp/fms/a3241fd1538963

【10/29開催報告】「イクケン香川」子育てカレッジ@琴平町

10月29日(日)、台風の接近が心配される中、琴平町総合センターにて、「イクケン香川」子育てカレッジ 三世代学科を無事開催することができました。

 前半は、「運動・手遊び・おもちゃ工作でつながる三世代の輪!」ということで、会場に集まった全員でじゃんけんをしたり、なぞなぞに答えたりして、頭の体操からスタート。

 講師の長松さんは、 30年以上、児童館の館長など社会福祉の分野に従事されている“遊びのプロ”。乳幼児から高齢者、障害者まで、幅広い世代に関わり、レクリエーションの楽しさを共有する講座をしています。

 

指をきつねに見立てた手遊びでは、先生の「はいっ」の声合わせて、左右違う動きをしたり、かえるの合唱では本物のかえるの鳴き声のような音が出る楽器が登場。なぞなぞでは、ハリネズミ?はりもぐら?ヤマアラシ?と似た生き物の違いを解説。

魔法の袋(?!)から次々と取り出される小道具や不思議な生き物(!!)に子どもも大人も目が離せません。

 

ストローを2本使っての工作遊びでは、ストローで作った風車がくるくる回るおもちゃ作りをしました。

簡単な仕組みですが、上手く回すには、吹く息の強さ加減がポイント。フーッと優しく息を吹いて、上手に回った子どもたちから「回ったよ!」と歓声があがりました。

また、どこの家庭にもあるスーパーのビニール袋に空気を入れて、空中へ投げ上げてキャッチする遊びでは、

“5回手拍子をしてキャッチ”、“寝転がって足でキャッチ”、“袋の下をくぐってキャッチ”など、工夫次第で遊びがどんどん広がることを実感。さらに、2人で投げ合ってお互いの袋をキャッチする、など、きょうだいで、親子で、三世代で一緒に楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は、地元の野菜をたっぷり使ったスープとパンをいただきました。参加者は、「何の野菜が入ってるかな?クイズ」に挑戦しました。スープにはなんと9種類の野菜、パンには4種類の野菜が入っており、素材の旨味がギュッと詰まっています。

 

 

 

 

 

管理栄養士の合田さんからは、食べ物には「体をつくるもの」「エネルギーのもとになるもの」「体の調子を整えるもの」の3種類があるということや、1日に30品目の食材を食べるのが理想、というお話がありました。

旬の新鮮な野菜を使えば、素材そのものの味を美味しく食べられること、野菜嫌いの子どもでもミキサーにかけると食べやすくなること、皮をむかずに一緒に食べることで野菜の栄養を摂ることができることなど、日頃の食材選びや調理のワンポイントアドバイスがありました。

また、今回のスープとパンには、琴平町特産のにんにくを使用した「ガーリック娘」が入っており、地域で採れる特産品についても学ぶ機会となりました。最後に、試食したスープとパンのレシピが配られ、家に帰ってさっそく子どもと一緒に作ってみよう!という参加者も多くありました。

雨の中、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました!!

【開催報告】「イクケン香川」子育てカレッジ@小豆島町イマージュセンター 9/16

9月16日(土)に、小豆島町イマージュセンター(農村環境改善センター)にて、「イクケン香川」子育てカレッジ 三世代交流学科を、小豆島町あいいく会共催事業として開催しました。

前半は、NPO法人大地といのちの会 理事長・菌ちゃんふぁーむ園主の吉田俊道さんによる講演「大地の生きる力をいただきます!おいしくて楽しくて目からウロコの食の話」でした。

元気な身体を作るために大切な鼻呼吸「あいうべ体操」を会場の参加者と一緒にやってみました。口のまわりの筋肉が動くと腸も動いて健康になります。

また、普段の調理で捨ててしまいがちな、野菜の皮や芯(=生長点)にこそ、栄養がたくさんあるということ。夏に元気な野菜、冬な元気な野菜など、旬の野菜の見分け方を知って、丸ごと食べることの大切さをお話くださいました。

後半は、大人と子どもに分かれて、それぞれ講演とワークショップをおこないました。
大人向けの講演では、現代人のミネラル不足・ビタミン不足の原因と、その不足を補うために、旬の野菜を皮ごと使った味噌汁を毎日飲むことの大切さを具体例を交えながら紹介。海のミネラル(あご、いりこ、昆布等)と旬の野菜を皮まで丸ごと、さらに添加物の入っていない味噌=発酵食品を使った味噌汁で腸も元気になるというお話でした。

子どもワークショップでは、管理栄養士の則久さんが、土の中にいる菌について、紙芝居を使ってお話をしてくださいました。目には見えない菌が栄養のある土を作ることで、おいしい野菜ができていることを知ることができました。
そのあと、ちりめん、小羽、大羽を実際に見比べながら、いりこのお話を聞きました。いりこは、ダシにしてもおいしいけれど、カルシウムやマグネシウムなどの栄養をそのまま摂るためには、ミルサーで粉末にしてフリカケにするなどして、丸ごと食べるのがおすすめということでした。

最後に、子ども一人一人に、いりこのプレゼント!
いりこを食べる時の尾約束は、ひと口30回かむこと。心の中で「あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」と3回言いながら食べるとちょうど30回。しっかりかんで食べましょう!!

 

 

参加者アンケートには、
●食べること=生きること!!毎日の積み重ねがとても大切だと思います。子ども達に、自然とそれが身についていくように、食事のときに楽しく取り入れていこうと思います。学校、幼稚園で広がってほしいと思います!
●愛とユーモアにあふれたお話、とっても楽しく聞かせていただきました。タマネギの皮やキャベツの芯、一番元気なところを捨てずにしっかりとって健康に過ごしていきたいと思います。
●発酵食品は、何でも良いと思っていたが、色素、保存料等、注意していきたい。
●来年産まれる子どもと楽しんでいくために今すぐ始めたいと思う。
などたくさんの声がありました。

「イクケン香川」子育てカレッジは、これから県内各地で様々な学科で開催予定です。

詳しくは、「子育て県 かがわ」情報発信サイト Colorfulからご覧ください。
https://kagawa-colorful.com/kosodate-college

https://kagawa-colorful.com/app-def/S-102/colorfulex/wp-content/uploads/cd41bf39b0d149346337bd639e248efd.pdf

子育てタクシードライバー 保育実習中

先週、三豊市で開催した「子育てタクシードライバー養成講座」は、単に講義を受けて終わり、ではなく、実際の子育て現場(保育施設や子育てひろば等)で、赤ちゃんやママと触れ合いながら学ぶ“保育実習”があります。

昨日は、わはは・ひろば高松に、トキワタクシーのドライバーさんが保育実習に来られました。


講座では、子どもの視界の狭さをチャイルドビジョンで体験し、子どもの目線で話しかけることを学んだドライバーさん。積極的に子どもに話しかけたり、一緒に遊んだり、絵本の読み聞かせをして、子どもと触れ合いました。はじめは人見知りをしていた子どもたちも、時間が経つにつれて慣れてきました。
さらに、ママに子育てしていて大変なことなどを聞いたりして、実際の「子育てタクシー」でママをどうサポートしたらよいか、考えるきっかけになりました。

 

 

四国新聞(9月6日付)に「子育てタクシードライバー養成講座」の記事が掲載されました。

9月2日に三豊市で開催された「子育てタクシードライバー養成講座」の様子が、四国新聞に掲載されました。

講座の様子は、こちらからご覧ください。

わははネットが企画立案して、全国で初めて、香川県からスタートした「子育てタクシー」。

今では、全国30都道府県で149社、2,000人近いドライバーが「子育てタクシー」を運行しています!!

詳しくは、全国子育てタクシー協会のHPをご覧ください。